COLUMN

デジタルエンジニアリングコラム

2018/08/01 デジタルエンジニアリング

3D&バーチャルリアリティ展見学

先日、東京ビッグサイトにて開催された「3D&バーチャルリアリティ展」を見学してきました。

会場

開催は6/20(水)~6/22(金)の3日間です。「日本ものづくりワールド 2018」の一部として開催された他、機械設計・製造、医療機器開発に向けたソリューション展が同時開催されました。バーチャルリアリティ(以下VR)は2016年が「VR元年」といわれており、AIやRPAなどと並び、今ではとてもホットな技術です。

VR会場

会場は他の展示エリアに比べると広さは感じませんでしたが、人の密度から注目度を肌で感じました。
また、日常生活ではVR機器を体験できる機会は少ないせいか、体験ができるブースではどこもかしこも行列となります。

これはVRに関連する展示会の全てに言えることですが、絶対体験しておきたい機器や企業ブースがあれば事前の情報収集と、とにかく早く現地に向かう事をお勧めします!
(私は今回体験したかったブースが早々と整理券を配り終えており、無念でした・・・。)

今回様々なVR関連の技術を見て回りましたが、中でも注目したのが、ユーザーの様々な動きを捉える為に必要なトラッキング技術です。 赤外線等の発光源の動きを捉える専用のカメラや、ジャイロセンサ等の様々な技術を利用し、現実空間とバーチャル空間でのユーザーの動作をより近づけることで、様々な体験がVRで実現されていました。

特に “フィンガートラッキンググローブ” と呼ばれるグローブは、装着することでユーザーの手の動きを捉えることができるものであり、予想以上の滑らかな動きにはとても驚きました。

VR体験

今後、より一層このようなトラッキング技術が普及し、日常のあらゆる体験のバーチャル化が実現されていくことが予想できます。 我々もこの様な先端技術を積極的に吸収し、自分たちのチカラに変えていける様日々精進します。

最後に、VR体験中の人を客観的に見るととても滑稽(上画像の様に)に見えますが、体験してみればそんな事全く気にならなくなります! 皆さんもぜひ機会があれば、周りは気にせず積極的にバーチャル空間へ飛び込んでみてください!

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.