REVERSE ENGINEERING

リバースエンジニアリング

3Dスキャンで作成したデータの
CADデータ化、各寸法の測定、2D図面化等を実施します。
自社で実施しますので、細かいご要望も対応できます。

リバースエンジニアリングとは

3Dスキャンと併用することで、現物からCADデータや図面を作成します。
点で構成されているスキャンデータはCADで編集できませんが、面を与えることでCAD上での操作・編集、不明箇所の各寸法の割り出し等、スキャンデータをより広い用途に活用できます。

3Dスキャン
リバースエンジニアリング
WHEN REVERSE ENGINEERING IS NEEDED

スキャンデータをCAD上で操作・編集したい

スキャンデータは
CAD上で操作できない

CADデータ化

CAD上で
操作・編集が可能に

通常3Dスキャンしただけのデータは、3DCAD上で編集することができません。
リバースエンジニアリングによってスキャンデータに面を構成し、CADデータ化を実施することで、
3DCAD上で他のモデリングデータ同様に編集ができるようになります。

図面の無い部品や金型等を図面化したい

現品のみでは
図面が作れない

各部形状の
デジタル測定

図面の作成が可能

3Dスキャンしたデータを基に正確な寸法を与え、図面化します。
図面を基に追加工や職人の手加工が加わった部品や金型の数値化、完全ハンドメイド製品の量産化等に適しています。
開発において寸法情報の無い組付け相手部品の数値化等にも使えます。
また、形状把握ができる特性上、3Dデータのまま廃盤部品の復刻や文化財保全・修復用の3Dデータとしても活用できます。

他社製品のベンチマークがしたい

他社製品の寸法等が
分からない

各部寸法把握&
CADデータ化

詳細寸法の把握や
CAD上で解析も可能

競合他社の製品をベンチマーク調査したい場合に活用できます。
対象製品の各寸法の割り出しや図面化、さらにCADデータ化したデータを活用し、
剛性解析や流体解析等の解析にかけることも可能です。
REVERSE ENGINEERING SERVICE
スキャンデータが無い場合
  • 01

    データ用途をヒヤリング

  • 02

    弊社にて
    3Dスキャンを実施

  • 03

    ご要望に合わせた
    データ変換

  • 04

    データ補正・検査

  • 05

    納品

スキャンデータがある場合
  • 01

    データ用途をヒヤリング

  • 02

    スキャンデータを
    送付いただきます

  • 03

    ご要望に合わせた
    データ変換

  • 04

    データ補正・検査

  • 05

    納品

ものづくりに強いモビテックなら
難易度の高いこれら技術も対応可能です。

POINT
  • 自由曲面のモデリング
  • 表面処理(硬度)
  • アッセンブリのリバースエンジニアリング
  • 大型品(車両等)のリバースエンジニアリング
  • 材質調査
OPTION SERVICE

作成したCADデータを使って
下記内容も実施可能です。

  • 3Dモデリング

  • CAE解析

  • 3D造形

  • 偏差測定

  • 干渉・搭載検討

  • 図面化後の設計変更

  • 部品・製品の新規設計

3D技術と設計、両方のノウハウが豊富にあるからこそ
実現可能なモビテック特有のオプションサービスです。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.