必ず「設計・開発」に携わる
09

SHUHEI
HORIE

堀江 周平

2017年 新卒入社 高専卒 
駆動技術部
開発設計職(トランスミッション)

好きなことを仕事に

物心がついた時には、遊ぶおもちゃは自動車関連のものばかりといった幼少期を過ごしてきました。「なにがきっかけで?」というよりも「自然とそうであった」ようで、両親からも、幼いころから自動車にしか興味を示さなかったと言われるほどです。

そんな私だから、中学生時代には、将来は自動車に関わる仕事、モノをつくる仕事をしたいと思うようになり、高専の機械工学科への進学を決めました。
高専に入ってからは、勉学に打ち込むのはもちろんのこと、3年次からはアルバイトにも精を出しました。そして、アルバイトで得たお金で、念願だったマイカーを購入。そこからは、どっぷりと車の整備にのめり込んでいきました。

車の整備を通し様々な部品に直に触れ合う中で、構造や強度検討、特に動力を伝達できる機構に興味を惹かれました。設計職を意識し始めたのもその頃からで、就職活動をする時には、「自動車関連の設計業務に携われること」という点が私の中の絶対条件となっていました。

モビテックを選んだ理由も、その想いが必ず叶うという点から。高専卒で必ず自動車の設計に携われるという企業自体少なかったのですが、「自動車」「設計」という点はもちろんのこと、さらに興味をもっていた「駆動系部品」を扱っているということから、私の想いと非常にマッチしていると感じました。
また、現在所属している自動車同好会の存在も大きかったと思います。仕事はもちろんのこと、プライベートでも楽しめると感じたので、入社を決めました。

プロジェクトの舵取りをする仕事

最適解を導き出す仕事

入社後、まずは導入研修を受講しました。研修では、製図や3D-CADの操作など、設計者としての基礎的な部分を学んでいきます。高専在学中に培った知識のおかげで、研修はもちろんこと、現在の業務も抵抗なく取り組むことができたと思います。特に3D-CADについては、高専の授業において早い時期から触る機会が多くあったため、操作方法、モデリング方法、形状認識など、スムーズに理解できたことは強みだと感じています。

導入研修終了後、オートマチックトランスミッション新製品開発におけるクラッチ・ブレーキのチームに所属しました。クラッチ・ブレーキとは、発進・停止・変速時にエンジンの力をトランスミッションに伝えたり遮断したりする役割を持つ「動力伝達装置」のことです。私はそのクラッチ・ブレーキの中でも、主にブレーキ部品を担当し、耐久性のレベルアップを行っています。

自動車部品の設計は複数の要求の中から、それらをすべて満たす最適解を導くことが仕事です。正解がないものですし、最適解を導くためには、非常に沢山のことを考えないといけません。例えば、他部品との干渉性について検討したり、後工程における加工性を検討したり、強度や材質について検討したり・・・と考えることは山積みです。
また、問題点が出てくれば、考えられる要因を一つ一つ洗い出し、対策案を考えては試験を実施し、原因を見つけていきます。

その工程は正直大変な部分も多いです。しかし、大変であれば大変である分、それをクリアできた時の喜びは大きいものです。
自分の考えがカタチになる、そしてその部品を搭載した自動車が快走する、やっぱりこれが自動車の設計者の醍醐味だと思います。

余暇の過ごし方も大切

余暇の過ごし方も大切

入社後すぐに自動車同好会に入り、メンバーと一緒にツーリングやレンタルカート、サーキット走行を行い、休日も車三昧の日々を送っています。
同好会の魅力は、やはり、同じ趣味を持つもの同士で集まれる点にあると思います。同じ熱量、同じ温度感で話が出来るため、毎回時間を忘れてクルマ談義に花咲かせ、充実した日々を過ごせています。
また、同好会は部署の垣根を越えて、普段の仕事では関わらない他部署、他グループの方とも交流を持てるため、色々な刺激をもらうことが出来るところも入ってよかったと感じる点の一つです。

モビテックは自動車同好会をはじめ、サッカーやゴルフ、アウトドアなど計6つの同好会があります。
「良い仕事をするためには、余暇の過ごし方も大切」。そういった想いで、同好会活動にも力を入れている点は、会社の魅力の一つだと感じます。

発想豊かなアイデアを創造できるように

発想豊かなアイデアを創造できるように

私の将来像として、発想豊かなアイデアを創造できる設計者になりたいと考えています。
ガソリン自動車が発明されてからおよそ150年経ちますが、電動化や自動運転など、時代に合わせ、今なお自動車は進化し続けています。
だからこそ、時代に即したアイデアを生み出し続けていくことは、設計者にとって重要なことだと感じています。

設計の魅力は「自分のアイデアをカタチにできること」これに尽きると思います。
正解がないものだからこそ、新たな可能性を自分で創造することができます。もちろん、創造するということは、簡単なことではありません。「故きを温ねて新しきを知る」ように、過去の実績を知らなければ、新しいモノを生み出すことはできません。発想豊かにアイデアを創造していくため、これからも先駆者の知見を習得しながら、様々なことにチャレンジしていきたいと思います。

interview list
INTERVIEW LIST
太田 佳寿 太田 佳寿

30歳で決めた異業種からの転職

電装技術部  開発設計職(ワイヤーハーネス)
【学部卒】 2008年 中途入社

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.