06

TOSHINORI
YOSHIHARA

芳原 利典

駆動技術部 評価グループ
2011年 新卒入社

心に決めていた車に関わる仕事

物心がついた頃から自動車に興味があり、中学校に進む頃には将来は自動車に関わる仕事に就くんだと心に決めていました。その想いは高校進学後も変わることはなく、大学進学時には自動車についても学べる交通機械工学科を選択しました。

大学入学後は自動車部に入部しようと思っていましたが、入学直後に『学生フォーミュラ』というプロジェクト活動の存在を知り、より自動車について深く理解できると思い、1年次から参加しました。学生フォーミュラとは、「全日本学生フォーミュラ大会」への参戦を目標とし、学生主体でレーシングカーの設計・製作を行う活動の事です。私自身は、シャシ設計を担当していました。レギュレーション対応、剛性と強度のバランス検討、サスペンション・ジオメトリの検討、車重とブレーキのバランス検討など、シャシを設計するだけでも様々な課題があります。また、データロガーから得た各種運動性能データから走行時の操縦安定性についても検討する必要がありました。検討項目を一つ一つ解決し、最適解を見出すことは、苦労の連続でしかありません。これを4年次まで継続して取り組んでいたため、今振り返れば自動車漬けの毎日だったと思います。
交通機械工学科で専門知識を得て、学生フォーミュラ活動でのシャシ設計・製作を通じて、実践的な専門知識の使い方や論理的な思考能力、モノづくりの大変さについて学べたことは、現在担当している駆動部品の開発業務において活きている経験だと思います。

入学当初は、自動車に関わる仕事に就きたいという漠然とした想いでしたが、学生フォーミュラの活動を通じて、自動車の開発に携わりたいという具体的な想いに変わりました。そのため、就職活動では「自動車の開発に携われるか?」という点に重きを置き企業研究に取り組んだのですが、完成車メーカー、部品メーカーともに、開発職に携われる可能性はあるが絶対ではないという印象を受けました。品質管理や生産管理、品質保証、生産技術など様々な部門がある以上、希望とは違う部署に配属される可能性があるのだと感じました。
しかし、わがままなのかもしれませんが、自分自身は絶対開発職に携わりたいという想いがあったため、自動車関連メーカー以外にも目を向けたのです。そんな時に、学校のキャリアセンターでモビテックの募集を知りました。募集職種は『自動車部品の開発職』の1職種のみ。この会社であれば、確実に自動車の開発職に就けると思い、応募しました。
また、学生フォーミュラ活動に参加していた先輩の同級生がモビテックに入社しており、具体的な業務内容や会社の特徴などを事前に把握できた点、そもそも学校の先輩がいるということで安心感が得られた点も応募する後押しになったと思います。

好きな事なら苦にならない

入社から現在に至るまで駆動技術部の評価グループに在籍しています。現在はリーダーとして、ハイブリッド(以下HV)関連、燃料電池(以下FCV)関連の評価を主に担当しています。

導入研修、OJT後、まず担当したのが、FF車用2モータHVユニットの工程変更に伴う評価業務。具体的には、ギヤ強度や潤滑油量の適正値などに関する評価を1年ぐらい担当していました。その後、FF車用2モータHVユニットの次世代モデルの評価業務を担当。この時の担当分野は、ケーシング部品の強度剛性、ギヤ強度、潤滑油量の適正値などに関する評価でした。この時までは、主に機械工学分野に関する評価でしたが、次に担当した評価業務はFCV車用のモータとインバータ。モータやインバータは、電気工学分野であり、知識が不足していたため、最初はとても苦労しました。モータやインバータの構造、特性を理解しないと、評価方法や評価基準について検討できないし、評価結果に対する判断、対策立案もできません。そのため、専門書で知識を得たり、部署での勉強会に参加したり、知見が豊富な方に聞いたりしながら理解を深めていきました。開発に関わる技術者は、常に学ぶ姿勢が求められるのだと思います。今後も自動車自体に求められる技術が変化し続けるため、それに伴い技術者に求められるものも同様に変化するのだと思います。だからこそ、興味がある分野、好きな分野に携わる仕事を選択した方が良いのかもしれません。好きな事であれば、学ぶという気持ちより知りたいという気持ちの方が大きいため、学ぶという事自体は大変ですが、僕がそうであるように苦にはならないはずです。

物理現象を追求し、設計者へ方向性を示す

現在担当しているFCV車用のモータとインバータの評価。具体的にモータの評価とはどのような事を行っているのかというと、一つの例として要求されているトルク出力を満たせているかという点があります。永久磁石を用いたモータの場合、永久磁石の磁束が一定であるため、回転数が上がるにつれて同磁束によって生じる逆起電力が増加します。そして、ある回転数に達すると、この逆起電力がモータの印加電圧と等しくなり、モータに電流を流せなくなります。その結果、回転数を上げることができなくなるのです。これを防ぐために用いるのが弱め界磁。磁石温度が非常に高い状態で、永久磁石とは逆向きの磁束を発生させる弱め界磁を用いると、不可逆減磁が発生します。不可逆減磁が発生するとモータトルクが十分に発生させられない状態になります。そのため、冷却、材質、制御などあらゆる方面から評価を行い、効果を検証し設計部署へ方向性を提案します。

発生した物理現象に対する対策は、様々な方法論が考えられますが、全てを試していくことはコスト、工数の観点から難しいのが実情です。だからこそ、データ、知識・知見、ノウハウから論理的に考え、方向性の優先順位を付けて設計部署へ提案する必要があります。その方向性が正しく要求性能を無事にクリアできた時は、非常に達成感が大きいです。また、評価する部品や内容が多岐にわたるため、新たに知る面白さ、楽しさがある仕事だと思います。

時代が求める技術に応えられる
エンジニア

将来的には評価設備の知識を更に身につけた上で、新規の測定方法を考えていけるようになることが目標です。例えば、今までは別々で測定していたものを、同時に測定できるようにすることで工数やコスト低減につなげたり、測定精度そのものを向上させたりできればと考えています。これを実現するためには、評価設備の知識を増やすだけではダメなんです。そもそも設計者が意図していることを正しく理解できないと、最適な試験は立案できません。そのためにも、今後は更に設計分野における知識、知見を身に付けていくことが重要だと考えています。
自身が担当しているモータやインバータなどのメカトロニクス分野は、今後の自動車において、更に重要になっていくはずです。これから先も自動車自体が変化をし続けていくため、常に時代が求める技術に応えられる技術者でありたいと思います。

interview list
INTERVIEW LIST

培ってきた設計技術をもとに夢を叶える

川口 隆司 電装技術部 第2W/Hグループ 2009年 中途入社

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.