04

TAKUMI
KAMEDA

亀田 拓実

駆動技術部 第2設計グループ
2013年 新卒入社
(大学院 理工学研究科
機械システム工学専攻)

確実に夢を叶えるために

中学卒業後は、将来は漠然と技術職に就きたいと考えていたため、高専に進学しました。将来携わりたい職業が具体的になったのは、高専4年次の後半ぐらいです。自動車が好きという事もあり、自動車に関係する設計職に携わりたいと思うようになりました。高専では電子制御工学科を専攻しており、電気電子、制御、情報、機械という工学分野を広く学びました。希望する開発・設計職に携わる上で、もっと深い知識を有し、自分自身の強みを得た上で開発・設計職に携わりたいと思うようになりました。

そのため、電子制御工学科で学んだ工学分野の中でも、特に面白みを感じた機械分野について学び、強化したいと思い、大学へ編入しました。その後、大学院にも進学し、機械分野について深く学ぶことができたと思います。特に研究では、トラクションドライブ式無段変速機(CVT)の伝達効率に関する研究に取り組み、動力伝達機構に関して深く学べたことは、入社後トランスミッションの設計を担当している自分にとって、良い研究テーマだったと思っています。

就職活動時は自動車に関わる設計職を中心に探していたのですが、就職活動を通じて大手メーカーだと配属部署が多数存在するため、設計職希望でもその希望が叶うかは、内定時にはわからない企業が多いという印象でした。また、業務が分業化されているため、決まった範囲の事しかできないのではないかとも感じたことから、必ず自動車部品の設計に携わることができるモビテックの方が、自分にはマッチングしているのではないかと考え、入社を決めました。

地道な作業があったからこそ

入社してから一貫してFF駆動向けのオートマチックトランスミッション(以下A/T)の設計に携わっています。A/Tの構成部品の中でも、A/Tの中身をカバーするケーシング部品を現在にいたるまで担当してきました。

配属直後は、まず図面チェックの業務からスタート。変更前の図面と変更後の図面をチェックする業務です。変更した箇所は正しく変更されているか、逆に変更していない箇所は変更前と同じ状態のままなのか、全ての線、寸法、指示記号に対し一つ一つマーカーでチェックをします。ケーシング図面のチェック箇所は、なんと数千にものぼります。一ヶ所でも間違いを見逃してしまうと、意図したものとは違ったものが出来上がってしまうため、試作時に組み付かなかったり、試験で壊れてしまったりと、多大なコストと工数に関して損失が発生します。そのため、重要な業務の一つではありますが、正直めちゃくちゃ地道かつ大変な作業でした。しかし、この業務を経験したからこそ、確実に機械製図の理解度は高まったと思います。学生時代、また入社後の研修を通じて図面は学んできましたが、本当の意味で図面を理解できたのは、この図面チェックを経験したからだと思います。図面の内容やルールはもちろん、図面の重要性、設計者の意図なども含めて学ぶことができました。この地道な作業を通じて、設計者の土台が築けたと思います。

理論がカタチになっていく

A/Tのケーシング設計に関する具体的業務は、3D-CADを用いた形状の検討とモデル作製、車両メーカーとの調整が主な業務内容となります。

ケーシング設計の中でも、特に強度に関する設計に多く携わってきました。
まず、ケーシングはアルミで製造されます。金属であるアルミであっても、力を加えれば変形したり、破壊したりします。もう少し設計的な話で言うと、機械や構造物が安全に機能を発揮できる最大の応力を許容応力と言うのですが、許容応力を越えてしまう設計をしてしまった場合、A/Tの機能を正常に発揮できず破損する恐れがあります。そのため、許容応力を越えないように設計する必要があります。許容応力を越えた場合は、肉厚を盛ったり、形状をなだらかに変更するなどして応力を分散させて強度を確保します。

形状を変更させては解析にかけ、強度を確認していくのですが、肉厚を盛れば重量やコストが増加したり、応力を逃がすために形状変更すれば他部品との兼ね合いや生産性が成立しなかったりと、単に強度を満たせば良いという訳ではありません。全ての要求仕様を満たす最適解を導き出す必要があります。そのためには、徹底的に考え、一つ一つに理論を設け、トライ&エラーを繰り返しながら、全ての条件を満たす最適解をなんとか見出します。そこには、苦労と辛さしかないかもしれません。だからこそ、自分で考えた形状が成立し、それが製品としてカタチになった際は、達成感と充実感で満たされます。それがあるから、この仕事を続けられるのかもしれません。

目指すのは第一線で活躍し続ける
スペシャリスト

正直ケーシング設計に携わる前は、トランスミッションの設計といえばギヤトレインが花形だと思っていました。しかし、ケーシング設計を担当してみてわかったのですが、奥の深さは半端ないと思います。
求められる技術分野として、エンジンからの入力トルクやボスへのマウント加重対策などを検討する際に必要となる機械力学関連、強度剛性を検討する際に必要となる材料力学、共振によるギヤノイズ対策で必要となる振動工学、生産性を検討する際に必要となる機械加工、金型関連の知識など、ケーシング部品一つを設計するだけでも、ありとあらゆる知識と情報、ノウハウが必要となってきます。
自分自身、まだまだ技術を学ばなくてはならない、身に付けなくてはならないと感じています。そんな奥の深さがある業務だからこそ、興味を持ち続けられるのかもしれません。知りたいという欲求はつきない面白い仕事です。私もそうですが、知識欲・成長欲が高い方には適していると思います。

現在までは、ケーシング部品の設計担当ですが、将来的にはケーシング設計で得た知識と経験を生かして他のトランスミッション部品の設計にも携わっていきたいと思います。そのためにも、技術を追求し、技術を磨き続け、第一線で活躍し続けることができる設計のスペシャリストを目指していきます。

interview list
INTERVIEW LIST

整備士から設計者の道へ

中田 智子 電装技術部 第2W/Hグループ 主任 2007年 中途入社

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.