11

HIROMI
FUKATSU

深津 宏美

技術企画部 技術開発グループ
2008年 中途入社

未経験から技術職への挑戦

大学卒業後は事務職として一般企業に入社しました。その後、転職を考えるようになり、大学時代のアルバイトで使用経験があった「CAD」を使う仕事をメインに探していました。しかし、アルバイトで使用していたのは建築CAD。希望勤務地である愛知県三河エリアは自動車産業が盛んであり、機械CADの求人が多数を占めていました。そのため、未経験ではありましたが、三河エリアで働く上で機械CADの習得は自身のキャリアアップに繋がると考え、モビテックへ応募、そして現在に至ります。

入社時は契約社員からのスタート。技術職への転職は正直不安でしたが、研修・教育制度を利用する中で着実にスキルアップすることができ、契約社員から正社員に切り替わりました。新卒や中途・契約社員や正社員という垣根を越えて、仕事ぶりを評価してもらえる環境は、働く上でモチベーションも上がります。

正社員登用後は、1年半程設計補助に携わり、専門用語や業務フロー、モデリングについて理解を深めました。知らない用語が飛び交う中で、難しさを感じた日々ではありましたが、経験を積み重ねる中で「深津さんに仕事をお願いしたい」と依頼を受けた時の喜びはひとしおでした。この時の一言は、今でも私の励みになっています。

周囲の成長が私自身の喜びに

入社以来、一貫してオートマチックトランスミッションのケーシング設計に携わっています。ケーシングとは、トランスミッションのギヤやシャフト、ベアリングといった機械部品、数百点を収納する外側の部品であり、一般的にはアルミ鋳造で成型されています。そのため、設計検討では、様々な部品との干渉チェック、3D-CAD(CATIA V5)を用いた強度解析を行います。
また、トランスミッションは一点物の設計ではないため、工場や加工メーカー、後工程の担当者等、完成車メーカーや部品メーカー、各部品担当者だけではなく、様々な部署・業者と打ち合わせ、調整が必要不可欠です。こうしたケーシング設計を経て、現在は管理職としてグループをまとめる立場にいます。
それに伴い、仕事の仕方も変わりました。完成車メーカー・部品メーカーとの打ち合わせ、業務の振り分け、進捗管理が比重を占めており、その他にも、新人技術者に対する3D-CAD教育も担当しています。

3D-CADと言えば、入社後の研修で基礎操作を習得しますが、現場で設計業務を行うためには更なる応用力が必要です。そこで、業務に直結するレベルまで新人技術者の習得技術を引き上げるためには、何を題材とすべきか・どのように教えていくべきか、といった教育内容の検討から、状況管理、課題のチェック・指導までを行っています。

また、当社には技術者がより検討・調整に専念できる環境を整えようと、モデリングや図面修正、トレースなどのCAD業務を専属的に対応するオペレーターが設計チーム内に存在します。後輩社員への指導の他、CADオペレーターの育成・業務の振り分け・経過チェックも私の仕事の一部です。
教える立場になったことで、どう伝えるべきか悩むこともありましたが、一人一人の成長を目の当たりにすると、やってきたことの意味・やりがいを感じます。

設計業務の他、社内活動の一環であるEVバイクプロジェクトでは、英語力を活かし翻訳・通訳に挑戦しています。プロジェクトメンバーと共に大会会場であるアメリカへ渡り、現地のコミュニケーションの柱となれるよう努めてきました。このように、個人の能力を評価しチャンスを与えてくれる風土があるからこそ、今の私があるのだと思います。

働きやすさは長く働く上で大切なこと

設計を行う上では周囲との連携が重要です。だからこそ、日々周囲とのコミュニケーションを惜しまず、人間関係を大切にしています。こうした姿勢は、社員に総じて言えることであり、社内行事への参加率の高さからも風通しの良さを感じます。

近年、リケジョという言葉の流行に伴い、女性技術者にスポットが当たることが増えてきましたが、まだまだ女性技術者は少ないというのが現状です。だからといって、働きにくさを感じたことはありません。業務に関しても、男女関係なく、一人のエンジニアとして能力を評価されます。また、入社時と比べると会社規模も大きくなり、働く環境が整備されました。産前産後休暇や育児休暇等、福利厚生が整っているので、技術者としての夢を諦めることなく仕事を続けていくことが可能です。

今だから思う、努力と覚悟の大切さ

一度は事務職として働いた私も、技術者の道に進み、早いもので9年が経ちました。契約社員として入社しましたが、正社員登用を経て、今では技術開発グループのリーダーとして責任ある立場にあります。未経験からのスタートの為、味わった苦労・困難も多かったことは確かです。しかし、自身の成長に伴い、与えられるチャンスがあったからこそ、今まで止まることなく歩み続けることができました。
一般的には、「転職×未経験からのスタート」で責任ある立場に就ける機会は少ないことでしょう。個人の能力を公平に評価する当社だからこそ、技術者として目指す姿に向かって如何に努力し、突き進むことができるかが問われます。「教えてもらう・育ててもらう」という受け身な姿勢ではなく、自ら学び・成長しようとする意欲、そして覚悟があれば、未来の姿を変えることができると経験をもって感じることができました。
現在、7名のメンバーをまとめる立場になったからこそ、社員が前向きに取り組み、成長できるよう導ける存在になっていきたいと思っています。

技術者として一人前になるためには長い年月を要します。一朝一夕で一人前になれる仕事ではないからこそ、長く働ける職場環境であること、やりがい・喜びを感じられる仕事であることが重要だと思います。私自身も技術者として、まだ道半ばです。これからも、自身の仕事に誇り・責任を持ち、社会人として・技術者として成長できるよう努力し続けていきます。

interview list
INTERVIEW LIST

設計未経験からの挑戦

髙田 修 電装技術部 第2W/Hグループ 2007年 中途入社

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.