01

YUSUKE
SATO

佐藤 祐介

電装技術部 第2W/Hグループ
チームリーダー
2004年 新卒入社
(大学 工学部 機械工学科)

学んできた知識を活かせるフィールドへ

大学で学んできた機械工学の知識を活かして、自動車開発の仕事に就きたいと考え、就職活動をしていました。特にこだわったのが、自動車部品の中でも内装部品に関わる設計職に就けるかどうかという点。シートやインパネなどの内装部品は、ユーザーが必ず目にする部品ですし、直接触れることができる部品であるからこそ、それを自分自身の手で設計した際には、大きな喜びや達成感が感じられるはずと考えていたため、ぶれることなく企業研究を進めました。

絶対に携わりたいという想いから、必然的にエンジニアリング企業に目が向くようになり、そこで見付けたのがモビテックでした。リクナビで事前情報を得て、合同企業説明会で直接話を聞き、自分が希望している内装部品の設計に絶対に携わる事が出来るかという点を確認し、希望が実現できることを把握できたため、受験しました。

内装部品の設計に絶対に携われる企業はモビテック以外にも存在しましたが、せっかく希望が叶っても、長く勤めるためには自分自身に合うか合わないかも重要だと考えていたため、自分にとって社風も一番合う会社と感じたモビテックを選択しました。
就職活動中に受験する企業の人と会える機会は限られています。しかし、その少ない機会である説明会や選考を通じて、対応していただく人事担当者から、風土、文化、雰囲気、人間性などを感じ取ることはできると思います。実際、自分自身も人事担当者を通じて、モビテックとマッチングしていると感じられたからこそ、決めることができました。

作ったモノがカタチになる喜び

入社後は、希望通り内装部品の開発職に携わることができました。
最初は号口と呼ばれる、試作生産を終えて市場で販売するようになった量産車の市場不具合対応やマイナーチェンジに伴う号口管理業務を担当していました。例えば、特別仕様車において、表皮が号口ではファブリックであったものに対し、特別仕様車ではレザーを用いたりします。そうすると、適切な構造を設計するとともに、生産工程の変更や製品の品質基準を新たに設定するなどの必要性が出てきます。どのタイミングで生産工程を変更するとベストか、変更することで不具合はないかなど関連部署との調整を繰り返しながら検討し、要求を満たす状態を見出す業務です。

その後、号口業務ではなく、新規開発業務を担当することになり、構想段階から生産立ち上げまでを一貫して担当することができました。号口業務より、より一層考える要素が増え、失敗も沢山しましたが、最初から最後まで担当できた点は、モノづくりを担当する設計者として良い経験になったと共に、改めてモノづくりの大変さと醍醐味を知ることができたと思います。

受託部門チームの責任者として

2012年に職場を異動し、現在は電装技術部の受託部門のチームリーダーとして、自動車のワイヤーハーネス(以下W/H)に関係する顧客の窓口、部品設計、モデリング業務を中心にチームの管理を行っています。主な業務内容としては三つ。

一つ目が、W/Hの構成部品の一つで、電線保護、経路を確保するために用いられるプロテクタという樹脂製品があります。そのプロテクタの部品設計をハーネスメーカーから請け負い、テクニカルセンター内で設計を行っています。

二つ目は、エンジン(ボデー側~エンジン側)やドア(ボデー側~ドア側)のような両端固定部が異なる動きをするW/Hには、屈曲耐久性が要求されます。当然、屈曲部のW/Hが断線してしまえば、関連する電装部品が正常に機能しません。そのため、屈曲耐久性を保証するために様々な評価を行いますが、全て試験に対し実車を用いることは出来ません。そのため、車両の屈曲部を模擬した治具を用いて対応します。そのための治具設計と製作を請け負っています。
そもそも当社は、W/Hそのものの設計を行っているため、単に治具としての要求仕様を満たすものを設計するのではなく、W/Hの特徴、要求仕様、使われ方を考慮して治具設計できる点が強みです。そのため、試験用治具の設計に取り組んだ歴史は浅いですが、年々受注量を増加させることができてきました。

三つ目が教育です。基本的に新入社員は人事部の導入研修を受講してから配属されるのですが、電装技術部ではプラスαの技術を習得してから配属されるよう、受託部門でのOJT教育を実施しています。
具体的には、プロテクタの部品設計や試験用治具設計を通じて、W/Hの特徴や使われ方などの『実際』を理解してもらったり、CATIA(3D-CAD)の実践的な操作を習得してもらいます。また、モノを設計するという中で求められる納期やコスト、品質の重要性などという感覚を養いつつ、業務を進める上で求められる行動についても身に付けてもらいます。
重要なのは、『知っている』ではなく、『理解できている』、『実践できる』ということ。そういった状態であれば、配属された際にすんなり開発業務に入ることができますし、本人自身も自信を持って業務に取り組めるはずです。
どんな仕事でも最初は不安に感じると思います。自分自身もそうでした。その不安を少しでも自信に変えることで、楽しく活き活きと働けるのではと思い、教育を実施しています。

受託の先にある無限の可能性のために

現在、電装技術部としては、テクニカルセンターのみでしか受託開発体制が整っていません。
今後は、更なる体制強化と宇都宮オフィスでの受託化に向けた環境整備、更なる社員教育にも力を注いでいきたいと思っています。

それぞれのメンバーが個々で成果を出すことができていても、そこには必ず限界がきます。それを解決するためには、如何に組織で取り組めるかだと思います。
組織で開発に取り組む環境として、今現在は部分的な開発業務を受託していますが、将来的にはプロジェクト単位で受注していくことを目標にしています。プロジェクト単位で受注できれば、顧客先内でしかできない業務、受託部門で対応できる業務という業務の切り分け、それに伴う最適な設計者の配置を実施しチームを最適化することで、個々の強みを活かしつつ、業務の効率化、業務量の適正化、開発コストの低減などが実現できます。
それ以外にも、組織で成果を上げることで、個とは違うチーム全体での喜び、達成感も味わえるため、チーム力がさらに向上するはずです。

受託開発の強化とプロジェクト一括受注の先には、無限の可能性を秘めていると思っています。その可能性を自身で考え、実現に向けて取り組めるのは、管理者としてやりがいを感じています。

interview list
INTERVIEW LIST

モビテックだから叶えられたわがままな想い

服部 悦之 駆動技術部 第3設計グループ 主任 2009年4月 新卒入社

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.