技術力で自他共に
認められる存在を目指す。認められる存在を
目指す。

BUSINESS

事業内容

私たちモビテックは創業以来、開発分野をメインに、技術力を提供するエンジニアリング企業です。パワートレイン・ワイヤーハーネスの開発に特化し、数多くの自動車開発を手掛けてきました。
近年、自動車は変革期を迎えています。それに伴い、機能性や安全性・耐久性はもちろんのこと、各国の法基準や気象条件・環境対策など、様々な条件が求められ、技術分野においても同様に進化が求められています。その様な自動車分野における環境変化が著しい中、弊社が目指しているのは『技術力で自他共に認められる存在』になること。私たちは、パワートレイン・ワイヤーハーネスの開発に加え、これまでに培った高度なデジタル技術を活かしたデジタルエンジニアリングの3つの柱で、モノづくりを支援し続けています。

Power trainパワートレイン

クルマの基幹ユニットであり、走行性能に直結するパワートレイン。設計要素や加工方法などの専門知識を用いて、機能性・耐久性・生産性・コストなど、様々な条件をクリアする製品を生み出します。

開発領域

機械・機構設計

クライアントが要求する高い性能・機能を各分野の専門知識や高度な技術により、最善最良の設計で応えます。また、開発する中で評価や解析、実験結果からフィードバックされた課題に対し、新たな設計見解から真因を突き止め、対策していきます。また、培われたノウハウを活かし、次世代技術の発展にも貢献していきます。

実験評価

市場での使われ方を模擬した評価方法を考案し、実車や試験機を使用して最適な条件での実験評価を行っています。想定される現象や不具合を顕在化し、解析結果を設計にフィードバックすることで魅力ある製品開発に貢献しています。

制御・適合

制御・適合とは、変速時車両G挙動(変速フィール)を設計する業務です。ユーザーが求める車両キャラクターに応じた変速時車両G挙動を定め、エンジン特性(MAXトルク・アイドル回転・ペダルマップ・過渡特性など)から最適な油圧制御を設計・評価します。車両の商品性に大きく関わる業務です。

CAE解析

CAE(Computer Aided Engineering)とは、設計段階において、構造・振動・熱流体などの想定される現象をコンピューター上でシミュレーションすること。品質とスピードを向上させると共に、試作や試験評価を減らせることから、自動車や家電などあらゆる分野の製品開発の現場で必須の技術とされています。 当社は、長年自動車分野で培った設計のノウハウと、解析技術を融合することで付加価値を生み出し、開発現場に貢献しています。

NV解析

NV(Noise Vibration)解析は振動・騒音を測定し、発生要因を洗い出す業務です。高速フーリエ変換(FFT)・伝達経路解析(TPA)・モーダル解析などの解析技術を駆使して、問題となる振動の周波数・伝達経路・動き方を特定します。得られた結果を基に開発を行うことで、製品の付加価値向上に貢献しています。

Wire Harnessワイヤーハーネス

クルマの基幹ユニットであり、バッテリーと各車載電装部品を結ぶ電気配線網であるワイヤーハーネス。車載電装部品の増加に伴い経路・回路が複雑化する中で、軽量化やコスト低減など、矛盾した要求をクリアする製品を生み出します。

開発領域

経路設計

経路設計とは、自動車内において、ワイヤーハーネスがどこを通り、どこに固定し、どんな外装材を使用するかを決めていく業務です。言葉では簡単ですが、ボデーや内装・各搭載部品、さらには内外装デザイン・工場での組付けなど、様々な要件を考慮しながら行っていきます。

回路設計

自動車には100近いシステムが搭載されています。ハイブリッド車や電気自動車・燃料電池車など、新しい分野の自動車もどんどん増えています。今後は自動運転など、さらに新たなシステムが搭載されていき、自動車の回路数は増大の一途を辿っております。それら様々なシステムに、電源や信号など、車両全体の回路を成立させる業務です。

開発業務

ワイヤーハーネスは、電線・端子・コネクタ・外装・クランプ・各電子部品など、様々な部品で構成されております。それら各部品の要件を満足させ、かつワイヤーハーネスの生産性を考慮した設計が必要となります。車両の要件やワイヤーハーネスとしての要件、それら全体の取りまとめを担う業務です。

部品設計

ワイヤーハーネスには、経路を規制したり、電線を保護したり、コネクタを固定する目的で、プロテクターやコネクタホルダーと呼ばれる樹脂部品が搭載されております。この樹脂部品の設計を専門に担うのが部品設計です。部品設計は、金型要件だけでなく、車両要件やワイヤーハーネスの製造要件など、様々なノウハウが必要な業務です。

Digital engineeringデジタルエンジニアリング

デジタルトランスフォーメーション(DX)化が加速する中で、精度に厳しい自動車業界で培ったデジタル技術を活かし、様々なモノづくりの現場における課題解決や製品の品質向上・開発の期間短縮に貢献します。

開発領域

設計~モノづくり

長年、モノづくりの開発業務に従事してきたからこそ、あらゆるイメージを正確に形にするノウハウがあります。設計からデジタルデータの作成・モノづくりまでを一貫して対応しています。顧客の開発工程の改善に取り組み、開発コストの低減・開発期間の短縮を実現しています。

3次元測定・リバースエンジニアリング

現物を3次元測定(スキャニング)し、その測定データを基に3Dデータ化する技術です。現物はあるが3Dデータや図面寸法が無い場合、あるいは現物とCADデータの企画や製品形状変更前と変更後のデータを重ね合わせて比較検証するなど、活用方法は多岐にわたります。

CAD教育

長年、自動車業界でCADを使用した設計の経験を積んできたモビテック。開発に従事している技術者が必要なCADスキルを習得するために培ってきた、実践に基づいた教育内容があり、現在は自動車大手メーカーの技術者に対するCAD教育を行っています。今後はCADの導入支援から教育・保守・サポートまで、一貫して対応することを見据え活動を行っています。

CADツール開発

CADの操作を半自動化して、CADをもっと便利に使いこなすためのツールの企画から開発・導入・保守までを請け負います。CAD作業で直面する様々な困りごとを解決し、品質向上・工数削減・スピードアップを実現します。

PICKUP MOVIEモビテックの技術がわかるムービー