COLUMN

デジタルエンジニアリングコラム

2020/07/03 リバースエンジニアリング

CAE解析における3Dスキャンデータの時短活用

お客様から「CAE解析で使用したいので3Dスキャンデータを3DCADデータ化してほしい」とのご依頼がよくあります。

一般的にこの場合、設計で使用するような寸法定義された3DCADデータを用いる為、手数と工数をかけて下図のような寸法定義された3DCADデータ(リバースエンジニアリング)を作成する事が主流かと思います。

cae1-2

今回ご紹介するのは、弊社で独自に開発、検証した「3DCADデータ化しなくても直接3DスキャンしたSTLデータを使ってCAE解析を実施する」手法です。
「えっ?」、「そんな事できるの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、某大手自動車製品メーカー様へ既に納入実績もあります。

元々は自動車関連の製品設計を生業としている弊社ですので、解析における条件設定、解析メッシュ作成、解析メッシュ品質、考察した解析結果アウトプットなど、従来から得意としていました。
CAE解析において、その解析結果は作成する解析メッシュの品質によって左右される事が多いかと思います(勿論、そればかりではありませんが)。

仮に手法は真似できても、他の企業様では絶対に真似できない設計ノウハウを持っているが故に、「3DCADデータ化しなくても直接3DスキャンしたSTLデータを使ってCAE解析を実施する」が可能となっており、従来は寸法定義された3DCADデータが必要な案件も、アウトプットしたその後のお客様の使われ方によっては3DCADデータ化せずに解析メッシュ作成、又は、CAE解析まで踏み込んでご提案させていただいております。

cae2-2

3DスキャンのSTLデータから3DCADデータ化するリバースエンジニアリングの工数は、複雑な形状のモノになれば膨大になると思います。
工数が膨大になれば、見積り費用もかさみ、更には納期もかかるという悪循環になります。
これでは製品開発における日程感、スピード感には乗ってきません。

ご依頼内容にもよりますが、CAE解析以外で使用目的がないならば、直接3DスキャンしたSTLデータを使ってCAE解析を行った方が早いし、お客様社内での工数をトータル的に考えてもコストは安いし、絶対良いに決まっていますよね。

是非、何なりとご相談下さい。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.