COLUMN

デジタルエンジニアリングコラム

2020/03/12 リバースエンジニアリング

ATOS5レンズ違いによるSTL比較

ATOS5は測定するワークの大きさによって、カメラのレンズを交換して3Dスキャンします。
一眼レフカメラで、風景や街並みを撮像する時は画角を広く、花のおしべ/めしべを撮像する時は画角を狭くするといった原理と同じです。

今回は少し変わったものを3Dスキャンしてみました。
画角違いによる出来上がったSTLデータを視覚的に表現してみました。

strawberry_orange1 strawberry_orange2

■画角が大きい            ■画角が小さい
a_total_MV700_200303_1 a_total_MV170_200303_1

a_strawberry_up_MV700_200303_9 a_strawberry_up_MV170_200303_9

a_orange_up_MV700_200303_13 a_orange_up_MV170_200303_13

a_leaf_up_MV700_200303_6 a_leaf_up_MV170_200303_6

比較すると良く分かりますが、画角が狭いレンズの方が形状再現性があります。
これは3Dスキャン時の点間距離が小さいレンズである為です(一眼レフカメラでも同様なことが言えるかと思います)。

拡大してみました。

■画角が大きい            ■画角が小さい
a_orange_focus_MV700_200303_4 a_orange_focus_MV170_200303_4

a_strawberry_semifocus_MV700_200303_14 a_strawberry_semifocus_MV170_200303_14

a_strawberry_focus_MV700_200303_14 a_strawberry_focus_MV170_200303_14

a_leaf_focus_MV700_200303_6 a_leaf_focus_MV170_200303_6

画角が小さいレンズは形状再現性がありますが、画角内に入らないワークが大きい物には適しません。
勿論、工数( = 見積り)を度外視するならば撮像できます。
撮像したSTLデータを幾つも合成(合体)して、一つのSTLデータを作成する事になります。
ということは、データ上での「貼り合せ誤差」が多く累積され、結果として測定精度の悪いSTLデータになります。

一眼レフカメラと同じで、ワークの大きさに適したレンズを選定しなければなりません。
弊社では、高精度スキャナを所持していますが、レンズも種類を持っていますのでご安心下さい。

「3Dスキャンしたけど形状再現度が低く、その後の加工で使えない」や、「リバースエンジニアリングで3DCADデータ化したいけど、STLデータの再現度が低くて使えない」など、お困りの際は是非弊社までご連絡ください。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.