COLUMN

デジタルエンジニアリングコラム

2019/05/28 リバースエンジニアリング

ATOSシリーズ最新機種導入決定しました

この度、弊社にATOSシリーズの最新機種の導入が決定しました。
従来のTRIPLE SCAN機能はそのままに、ATOSシリーズの最新機種となっています。

atos

このATOS5は従来機に対して、「スキャンスピードが2倍以上」「照度が1.5倍UP」しているのが特徴であり、それにより
・奥行き方向の被写界深度が大きく、1ショットの撮れ高が多い
・より細かい部分が再現が可能
・黒物/光物のワークに強い
などなど、性能が向上しております。

エンジンルームを数ショットしてみました。
奥行き方向の撮れ高、形状の再現性が細かい部分において良く撮れていると思います。
今回はスキャナの角度を振ってのスキャンは実施していませんが、一方向のみからのスキャンでもここまで再現ができています。

atos52

部品の特徴的な部分のみを重点的に撮ってみました。

atos53

下図はスキャンした点群データをポリゴンデータ(STLデータ)にしたものです。

atos54

今回、GOM社の国内販売代理店である丸紅情報システムズ株式会社様のご協力の元、弊社でATOS5のデモ測定を行っていただきました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

丸紅情報システムズ株式会社 様取扱いのGOM社製品についてはコチラをご覧ください。
https://www.marubeni-sys.com/3dscanner/index.html

CMMA(多関節+光切断方式)のニコン製スキャナ、パターン投影カメラ方式のATOS5と、測定する対象物や場面によって使用するスキャナを選定する事が可能となりました。
光学系で言うと光切断はCMMA、エリアスキャンはATOS5と使い分けができるようになりました。
色々と試したい事もあるので、ATOS5の納品が今から待ち遠しいです。
よりいっそう高品質のサービスを提供できるようになりますので、また何なりとご相談頂ければと思います。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.