COLUMN

デジタルエンジニアリングコラム

2021/11/01 リバースエンジニアリング

複雑な形状をオートサーフェス化する際に出るエラー対応

リバースエンジニアリングの手法として、オートサーフェスがあります。

その特徴として、

1.STLデータに対して比較的忠実にCADデータ化できます。CAD化までの工数( = 納期)は比較的早いですが、作成面がNURBUS曲面のため、うねりが出ます。

2.一つ一つの面がうろこ状になる為、その後に本データを使用して寸法定義したCAD修正を行う事が難しいです。

という2点の特徴があります。

使用用途として部品搭載設計検討用にCADデータ化、有機的で複雑な形状の金型用などに活用出来ます。

一見オートサーフェスと言うと、コマンド指示を一回出せば容易にサーフェスデータが作成出来るイメージがあるかもしれませんが、サーフェス化が上手くいかないこともあります。

①板厚が非常に薄い形状
プレス板金など板厚が非常に薄い形状では、サーフェス化出来ない事があります。

Autosurface_1_1

②凸形状
凸形状では、図の様な不完全な形状でサーフェス化されることがあります。

Autosurface_2_1

③穴形状
図の様な穴形状は、形状を再現出来ない事があります。

Autosurface_3_2

エラー形状は、手動で修正してお客様にデータを提供しています。
オートサーフェスは簡単にCADデータ化できるというメリットから、計測サービス系の企業様も対応している場合が多いです。

しかしながら、上記のようなエラー対応まで行っていないケースがあります。
このエラー対応は実は一定のスキルが必要なためです。

弊社ではエラー対応込みでサーフェス化できますのでご相談下さい。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.