COLUMN

デジタルエンジニアリングコラム

2018/10/26 リバースエンジニアリング

ミニカーから原寸モデルへ

リバースエンジニアリングの活用事例をご紹介します。

1/10モデルのミニカーを3Dスキャンして、Geomagic DesignXでリバース3Dモデルの作成、CATIA V5に取りこんで縮尺を1/1モデルに拡大して3Dデータ化しました。

通常は実物大のクレーモデルを1/1モデルで作成して、測定、3DCADデータ化するのですが、縮尺モデル(今回の場合はミニカーとしました)をスキャンして、データ上で1/1に縮尺変更する事で早期にCADデータ化できます。

ミニカーは実物から多少形状を誇張して表現していますが、例えば使用用途としてVR/AR/MRで使用する場合、有効だと考えています。

① 1/10モデルのミニカーを3Dスキャン
①

② Geomagic WrapのSTLデータをGeomagic DesignXでリバース3Dモデル作成
③-1

STLデータと比較しながら、リバース3Dデータを作成していきます。青色がSTLデータ、灰色が作成途中のリバース3Dデータです。

③-2

リバース3Dデータが完成しました。3Dデータの完成レベルも非常に高いです。

③ リバース3DモデルをCATIA V5に取込み
④

④ CATIA V5で1/1モデルに縮尺変更
⑤

使用用途によっては1/1のクレーモデルが必要となってきますが、目的に合うように上手くリバースエンジニアリングを組合せた活用ができると、工数低減や早期着手ができます。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.