BLOG

モビテックブログ

2008/04/18 研修の足あと

それぞれに試練スタート


自動車工学:実習の様子
みなさんこんにちは。人材企画G 住です。
今週の【研修の足あと】は、そろそろ本格化してきた研修状況をお伝えしたいと思います。
26名を3班に分けての研修がスタート。先週までの座学から、動いたり考えて作成したりする内容へと変化してきます。
さあ、ここまでやったことがちゃんと活かせるでしょうか。
見てみましょう。



インパクトも恐る恐る?
そんな訳で、今週からはそれぞれ実習班、PC班、CAD班の3班に分かれて研修を進めていきます。
具体的な内容を少し紹介しておきますと・・・

実習班は、自動車工学実習、トヨタ工場見学、それらの報告書作成、グループディスカッションなどを実施します。自動車工学では、安全作業やクルマの基本構造、工具などの使用方法を学びます。トヨタ自動車の工場見学では最新の生産現場やトヨタの環境・安全技術、車両の見学などを通して業界の今を感じてもらいます。また、グループディスカッションではお互いの意見を発言し合うことによって、相手の意見を理解したり自分の意見を納得させたりする中で建設的な話し合いができるよう学んでいきます。

PC班は、業務で間違いなく使うであろう基本アプリケーションのExcel・PowerPointを学びます。Excelでは基本的な操作から関数、グラフ作成、応用問題まで行い、課題に対する処理のパターンや考え方を学んだり、人に見せるための資料作成方法や複雑な処理への考え方などを学びます。PowerPointでは題材に対して自分でプレゼン資料を作成し、発表するまでを行います。ポイントや、自分の考えをまとめて適切に表現し、相手に伝える手法などを学びます。

最後のCAD班は、CATIA V5の基本操作習得とトレースによる図面の理解です。基本的なコマンドを学んだあと、2D図面のトレースを行います。単に操作ができるかだけでなく、その図面に描かれている形状や内容の理解、頭の中で2D⇔3Dが想像できるか、そして図面として仕上げるためのポイントなどを学びます。

そして、、、

前半に学んだビジネスマナーに即して動いているか?これも合わせて見ています。実はココが大きなポイントだったりします。
課題を進める上で相談や報告ができているか?過去の資料(知識)を十分使えているか?期限は忘れてないか?質問の仕方は丸投げではないか?自分の考えを持っているか?姿勢や態度は問題ないか?など、ビジネスマンとして当たり前のことが当たり前にできているのかどうかをチェックしています。
何ができても、この部分がお粗末だと配属されてから苦労しますからね。(そもそもお粗末であれば配属はしませんが・・・)

技術者たるもの、学んだことは後日きちんと利用できるようにしておくべし。
その場で出来て終わりではなく、後から自由に使えるよう、工夫と理解で自身に昇華するべし。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.