BLOG

モビテックブログ

2007/06/01 研修の足あと

失敗は恐れずに


070601-1.jpg
みなさんこんにちは。人材企画 住です。
今週は、いよいよ設計実習が本格的にスタートです。 今までやったきた研修内容が、ここでうまく活用できるでしょうか。
でも知識だけでは業務は進みませんからね。 プラス何がいるのか?
さあ、どうなるでしょう。


070601-2.jpg設定といたしましては、既存にあるAT部品(研修用)を架空のメーカーの要望により作り変えるというもの。変更するためには様々なことを検討・確認しなくてはなりません。それには、知識だけではなく、どんなことを発想できるか、どこまで正確に仕事をチェックできるか、そもそも仕事をどう進めていけばいいのかなど総合的に考えて行動しなくてはいけません。

そう、この【行動】というところがミソです。 設計実習において、一番重視しているのはこの部分です。知識があっても、動けなければ意味がありません。困ったとき、問題があったとき、確認するとき、仕事を進めるとき、一体何を考えどう動くのか。それを一番覚えてもらいたいのです。 それさえできれば、部署に配属されたときに困らなくて済みます。動き方、進め方が分からないのは一番苦労しますからね。

070601-3.jpgとはいえ、分からないことだらけで進みますので、最初は難しいと思います。多分色々失敗もしますし、うまく進められないこともあるでしょう。でも、そこを【ちゃんと経験】して欲しいのです。失敗が悪いことではありません。その失敗を謙虚に受けとめ、何かしらを【気付き】、それを【改善して実践】できればいいのです。むしろ、全てがスムーズに進んできた人よりも、そうやって失敗を繰り返して多くの【気付き】を得た人のほうが、最後は強いです。
彼らには、人間としても技術者としても強くあって欲しいですからね。

技術者たるもの、失敗を恐れてはならない。失敗が悪いことではなく、その中から【気付き】、【改善】して【成長】できればそれでいい。意味のある【失敗】であれば、何度やってもそれは【失敗】ではない。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.