BLOG

モビテックブログ

2017/06/13 EVバイクプロジェクト

EVバイクプロジェクト~vol.41 EV-01Z テスト結果~

皆さんこんにちは。
評価Gの田井中です。

今回は、2017仕様(EV-01Z)の組立~テスト結果を紹介致します。

前回Vol.40にて、軽量化だけではウィーブ(横揺れ)対策が不十分だった事をお伝え致しました。その為、今回はモータ位置変更を盛込んだ“重量バランス変更仕様”にて、テストに臨みます。

EVバイクプロジェクト~vol.41  1

先ずは組立です。
前回紹介した通り、元々モータをフレーム内に収める設計にはなっていない為、各部の隙間がギリギリです。その為、部品寸法が図面より少しでも外れた場合、干渉してしまいます。(特にチェーン周り)また、寸法公差内でもチェーンのガタをなくす為に、調整ワッシャ(シム)を使って調整しています。モータ位置も設計通りの位置になる様、ノギスを使い測定しながら微調整して組み上げました。その後、試運転したところ、干渉する事無くモータ/チェーン/ホイールの回転を確認出来ました。

今回の変更部品で拘って製作したのはスイングアームです。
スイングアームは外から見える部品なので、見た目を重視し、アルミ削りだしの黒アルマイトで仕上げました。デザインは未来輪業 黒川氏に監修頂きながら、強度とデザインを両立させた形状ができました。製作はフレームを製作頂いた、㈱エム・エス・ケー様に御願い致しました。自分で言うのもなんですが、かなりカッコイイ仕上がりです!

EVバイクプロジェクト~vol.41  2

さて、組立も完成したところで、次はシャーシダイナモ(通称:シャシダイ)での評価です。シャシダイはいつもお世話になっている、カスタムバイクショップ、ブルズアイ様にお借りします。先ずは低負荷で動作確認を行い、徐々に電流制限を解放していきます。そして、290km/h突破!問題無く、高速域まで動作する事が確認でき、一安心。
次はいよいよ実走評価です。

EVバイクプロジェクト~vol.41  3

実走評価は4月と同様に、(一財)日本自動車研究所様のテストコースで行いました。
今回の試験目的は、
 ①重量バランス変更の効果確認
 ②前回上手く作動しなかったトラクションコントロールの動作確認
 ③重量バランス変更で効果が無かった時のバックアップ案として、後輪タイヤの履き比べ(4種類)
の3項目です。

当日の関東の天気は1日中雨の予報です。テスト期間は1日しか無い為、予定通りテストを進められるか不安を胸に、当日の朝を迎えました。朝一番(AM7:30)は幸いな事に雨が未だ降っておらず、ドライコンディション。直ぐに準備をして、1本目(慣らし)を走ります。ライダーの水谷氏のコメントは「良さそうな感じ」との事。続けて、速度を上げて2本目を走行。Max237km/hを出しましたが、 「ほとんど揺れは感じない」との事。早速、車両に取り付けたジャイロセンサーと操舵角のデータを確認。
「おお!ほとんど揺れてない!!」
ロール方向、ヨー方向、操舵角、全てにおいてEV-01Aに比べ格段に良くなっている事が、確認出来ました。2015年から苦しめられ続けてきた、ウィーブ問題もようやく、解決の目処が立ち、一同一安心です。

EVバイクプロジェクト~vol.41 4
EVバイクプロジェクト~vol.41  5

そうこうしていると、天気予報通り雨が降ってきました。トラクションコントロールが問題無く動作する事を確認し、雨が止むのを待ちます。

重量バランス変更でウィーブに対し、効果がある事は確認出来ましたが、アスファルト路面上の237km/h迄での結果です。昨年の経験からボンネビルの摩擦係数の低い塩の路面では、アスファルトよりウィーブの悪化が懸念される為、バックアップ案のタイヤ履き比べも実施致しました。今回の履き比べは以下の4銘柄で行いました。

EVバイクプロジェクト~vol.41  6

結果は、USダンロップのGP-A PROが一番、ウィーブに対しては良い結果となりました。乗り心地ではタイヤ剛性の高い、ブリヂストンのT30EVOが良いとのライダー意見なので、今回はこの2銘柄をボンネビル本番で使う事にしました。ちなみに、4輪用タイヤは2輪用タイヤでどうにもウィーブが止まらない時用の奥の手だったので、今回は安全面を考慮し、テストする事は辞めました。

という訳で、長い間苦しんだウィーブ問題も何とか目処が立ちました。これまで、この件に関していろいろと御相談にのって下さいました、大学、二輪メーカー、タイヤメーカー、二輪レース関係、協力会社の方々、本当にありがとうございました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

さて、この後は8月末の渡米に向けての準備です。未だ完成していない、外装の仕上げや、レースエントリー、輸送手続き等を行って参ります。
また、次回、紹介させて頂きます。

EVバイクプロジェクト~vol.41  7

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.