BLOG

モビテックブログ

2015/12/11 EVバイクプロジェクト

EVバイクプロジェクト~vol.21 動画撮影会@飛騨エアパーク~

皆さん、こんにちは。
要素開発Gの奥出です。

今回は11月4日に行われた、EVバイク動画撮影会の模様をレポート致します。
この動画撮影の目的は、11月14日に開催されたモビテック30周年記念パーティーに向けたものでしたが、我々設計者にとっては、数少ない走行テストを兼ねています。

実走の実績としては今年6月の城里テストコースでのシェイクダウン以来、2度目となります。
ただ、前回は電気系トラブルにより、ツインモータのうち1つが動作していないシングルモータでの走行テストでしたが、今回は設計仕様通りのツインモータ、つまりフルパワー仕様での初走行となります。残念なのが、今回の試験場である飛騨エアパークの滑走路はわずか800mで、このフルパワーを使い切れる距離はありません。

距離が短いことは、ブレーキの問題でもあります。
というのは、このEV-01はあくまでボンネビルでの最高速アタック専用に設計されたレーシングマシンなので、基本仕様としてフロントブレーキがついていません。(車両取回し用にリアブレーキだけは“一応”ついています)
とは言え、国内での走行テストではブレーキがどうしても必要なので、テスト用のフロントブレーキは取り付けられる様に設計はしてあります。
ですが、そのフロントブレーキも車重230kg程度の市販バイクの純正ブレーキであり、370kgもある我々のマシン(EV-01)に対しては効きが弱いことが前回の走行テストで分かっています。
今回はあくまで動画撮影が目的であり速度域も100km/h以下と限定的なので、制動力重視のブレーキパッドに交換するという暫定処置で、今回の走行に挑みました。(今後の本格的なテスト走行に向けては、ブレーキ強化を構造変更含め検討中)

さて、前置きが長くなりましたが、ここから動画撮影会の模様をお伝えいたします。

当日の天気予報では晴れでしたが、飛騨エアパークに到着した朝、辺りには濃い霧が立ち込めていました。
そんな中、早速EV-01を積載車から下ろし走行の準備にとりかかると、ライダーの水谷氏を始め、EV-01の開発に携わった協力会社の方々が続々と集まってきました。
ハンドルの位置やタイヤの空気圧などのセッティングや、バッテリー電圧のチェックなどを済ませ、滑走路の一番端までEV-01を押して移動させました。

EVバイク1

2度目の走行テストとは言え、フルパワー仕様では初走行となるのでスタートの瞬間は緊張します。皆が見守る中、水谷氏がそっとスロットルを開け、EV-01が静かに走り出しました。ゆっくりと走り無事一本目を終え、水谷氏からインプレッションを聞きつつ、慣れや課題出しの目的で2本目3本目と続けて走りました。

EVバイク2

4本目を終えたあたりで、今回の撮影部隊(専門業者の方)が到着し、ちょうど霧も晴れて青空が見えてきました。どのような映像を撮影するかについて簡単に打合せ、その後何本か走行し、昼食を済ませ午後も数本走りまた。

ライダーにとっては、ただ直線を走るだけでも非常に体力を使うとのこと。マシンがいろいろな面で特殊なだけに気を遣う部分も多いようです。走行テストも兼ねているとはいえ、動画撮影のために何度も無理言って走ってもらい申し訳ない気持ちでしたが、おかげ様で非常に良い動画が撮れたと思います。
また、今回の走行では、ライダー水谷氏からのインプレッションも頂き、車両としての改善ポイントもたくさん見えたので、本来の目的(動画撮影)としても、走行テストとしても大変有益でした。

今後は今回見えた改善ポイントを一つずつ潰していき、さらに最速マシンとしてのレベルアップも図っていきます。最後に、今回の撮影に協力頂きました飛騨農林事務所様、飛騨エアパーク様、映像会社の皆様、開発関連会社の皆様、モビテック関連部署の皆様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

EVバイク3

余談ですが、先日MRJの初飛行直前の生放送をたまたまテレビで見ていました。
滑走路でスタンバイするMRJの脇に開発者たち20名ぐらいが集まり、円陣を組んで何やら掛け声をかけ、成功を祈願している(であろう)映像でした。このEV-01の開発と比較すると規模や重みが全く違いますが、彼らの緊張感に自分たちも似たものがあると思い、共感しました。大袈裟かもしれませんが、我々も日本を代表するプロジェクトに挑んでいるということを改めて感じました。

(記)要素開発G 奥出

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.