BLOG

モビテックブログ

2015/09/22 EVバイクプロジェクト

EVバイクプロジェクト~ vol.18 Mike cook's Bonneville Shoot Out2015 Wendover現地入り~レース前日 ~

みなさん、こんにちは。
渡米中のプロジェクトメンバー北村、小森、河合、田井中、神谷、奥出、深津です。
vol.17で案内致しました通り『Mike cook’s Bonneville Shoot Out 2015』に参戦すべく、日本時間で9月15日にライダーのマルマスモーター水谷氏とモビテックスタッフの総勢8名で日本を出発しました。

急遽参戦ということで交通機関の手配が思い通りいかず、新幹線とJRを乗り継いで成田に入ることに。既に疲れが蓄積している中、航路サンフランシスコ経由でソルトレイクシティに到着し、さらにそこからレンタカーでウェンドオーバーまで116マイル(約190km)を自走で走破するという過密スケジュールでしたが、現地時間の9月15日20:00(出発から約25時間後)に無事宿泊先のモーテル6に到着しました。

EVバイク1.png

今回宿泊するモーテル6は、ボンネビルを舞台にした映画『世界最速のインディアン』のなかで、主人公がレース中に泊まっていたモーテルで、ボンネビルで開催される大会に出場する多くの参加者が宿泊します。なぜかと言うと、敷地内の駐車場大型トレーラを置いてマシンをいじったり、電気を借りたりできるという海外からやってくる出場者にはありがたいサービス?があるからなんです。

EVバイク2

先行で船便にて輸送していた車両も、到着直後にモーテルに配送されてきました。ロスから配送してくれたHINOさんありがとうございました。

EVバイク3

到着時の天候はあいにくの雨と、夏日を想定して軽装な服を準備していたスタッフを驚愕させた寒さでした。10℃下回ってます!!
翌日(16日)は朝から車両の整備班と買い出し班に分かれ、レースに向けての行動開始です。
買い出し班は、ウェンドオーバー内のスーパーとホームセンターで食料品とピット設営機材の買い出しを行い、ソルトレイクシティでウェンドオーバーで買えなかった機材を購入しました。
一方、整備班は1か月ぶりに再会した車両の整備、点検を行いました。先ずは、外装に傷等が無いかチェックした後、外装を取り外し、中身のチェックです。心配していた輸送時の揺れや温度変化による冷却油の漏れも無く、一安心です。
次に発送前に故障が発生していたBMS(バッテリーマネージメントシステム)基板の交換です。基板を新品に交換し、電圧を確認します。

EVバイク4

、、、「あれ?電圧0V?」バッテリーの252枚あるセルの内、3セルの電圧値が0Vになっています。「そんなはずはない」と、BMSを外し、直接セルの信号線の電圧を測ります。やっぱり0V、これはマズイ…。
バッテリーは最低電圧を下回るとダメージを受けて、使えなくなります。バッテリーを充電して、どの程度復活するかを確認しダメージの程度を見極めます。充電しながら問題のセルの電圧をチェックします。
「0.5V…1V…2V…3V」何とか使えそうな電圧に復活しました!翌朝も電圧は最低電圧までは下がらず、何とか走れそうで、一安心です。

いよいよレース本番です。昨日の雨の影響で、17日は車検のみで、18日から開催との事。昨晩の雨でコースコンディションが心配ではありますが、今日以降の天気は晴れとの事なので、期待できます。それでは、頑張ってきますので、引き続き、応援の程、宜しくお願い致します!

(記)プロジェクトメンバー 北村、小森、河合、田井中、神谷、奥出、深津

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.