BLOG

モビテックブログ

2021/02/26 ERKプロジェクト

ERKプロジェクト 初号機からレベルアップ、弐号機、参号機完成!!

皆さん、こんにちは。技術企画部デジタルエンジニアリングGの中西です。
最近のERKプロジェクト先進技術チームの活動を紹介します。

2020年度上半期の目標は「ラジコンカーによる自作コースでの単独自動走行」とし、以前作成した「初号機」から、3つの手段を持って大幅なレベルアップを実現しました。

①サーボモータによるステアリング制御の実装
②超音波センサによる障害物検知システムの精度向上
③単眼カメラによるライントレースシステムの実装

今回は上記3要素を実装した「弐号機」「参号機」について説明します。

「弐号機」は①サーボモータによるステアリング制御を実装し、より人間の操作に近しい動きとすることに成功しています。

また、②超音波センサによる障害物検知システムの精度向上をすることで、正面の障害物も検知が可能になり、停止制御を織り込んでいます。

ERK1

「参号機」は③単眼カメラによるライントレースシステムを実装しています。
コースの端をカメラで捉えることで、コースの中央を維持する動きを実現しています。

それに加えて、コースとの距離が近い場合は、危険を察知して速度を落とすという判断を模擬したシステムを作り上げています。

ERK2

作成後に自作コースにて「弐号機」「参号機」を動かしましたが、コースを走りきったり、コースアウトしてしまったり、まだまだ動きが安定していません。

今後は原因を究明して弐号機参号機の課題を解決し、より人間の操作に近しい動きを実現したいと考えています。
また、「肆号機」以降の試作機として、LiDARやAI技術を用いた自動運転への取り組みも進めています。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.