BLOG

モビテックブログ

2013/12/13 研修の足あと

2013年度 Uターン研修①

みなさん、こんにちは。
設計受託Gの小林です。
今日は、11月29日(金)に行われた2013年度Uターン研修①について報告します。

Uターン研修001

4月に研修を終えそれぞれの部署に配属されていた同期が、約半年振りにテクノセンター研修室に集まりました。同期全員が揃うのは久しぶりで嬉しい反面、同期の成長に置いていかれていないかと心配な気持ちもありました。最初はお互いの近況などを話していましたが、研修が始まると一転、メンバー全員社会人の顔に。

Uターン研修002

研修の最初は、ビジネスマナーの確認から始まりました。
事前アンケートで、4月の研修で学んだビジネスマナーをこの半年で実践出来ているかの自己評価を行いました。上司にも同様に事前アンケートを実施し、自己評価との相違も確認しました。
全体で共通していたのは、職場のルールを守ることは良く出来ているということです。その反面、報告が遅い・質問が抽象的ということがあり、まだまだ社会人として半人前だと認識しました。

次に3グループに分かれてグループディスカッションを行ないました。

Uターン研修004

指定された課題に対して自分の順位付けを行い、その後チームのメンバーとディスカッションしてチームとしての順位を付けるというものです。
自分の意見をただ主張するだけなら簡単なのですが、自分の意見とは違う相手の意見を認め、チーム全体として、1つの意見にまとめあげるのはとても難しかったです。

Uターン研修005 Uターン研修006

さらに“納期”という期限に対する意識の低さも今回の研修で実感しました。
グループディスカッションの議論に夢中になってしまい、終了予定時刻を過ぎても時間延長の報告を行いませんでした。その結果、講師に「なぜ時間までに完了しない旨の報告がないのか?」と指摘されてしまいました。これが実際の業務で起これば、チームの他のメンバーや後工程に迷惑をかけてしまいます。
今後は、スケジュールに対し予定通りに進まない時は、その都度迅速に対応出来る人間になりたいです。

今回の研修で、まだまだ社会人として未熟であることを改めて感じましたが、自分の課題を見つめ直す良い機会になりました。次のUターン研修②までには、この課題をクリアし、良い報告が出来るように頑張りたいと思います。

また、研修が終わった後は、久々に同期全員で食事をすることになりました。
少人数で食事に行くことはたまにあるのですが、同期全員で集まるのは本当に久しぶりで、これだけ人数が集まるとやはり盛大になって、とても楽しい食事会でした。

最後に、半年後のUターン研修②を楽しみにしながら、それまでに業務を通してレベルアップを図りたいと思います。そして、今度こそ技術者として成長した姿を見てもらえるよう頑張ります。

(記)設計受託G 小林

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.