BLOG

モビテックブログ

2019/12/05 研修の足あと

‘19年度 Uターン研修1

皆さん、こんにちは。
技術開発Gの前田です。

11月15日(金)に1回目のUターン研修が行われるため、私たち2019年度の新卒20名は東刈谷のテクニカルセンターに集まりました。
配属から5か月経ち、久しぶりに集まった同期の顔や全体の雰囲気を懐かしんでいると、さっそく研修がスタートしました。

‘19年度 Uターン研修1 1

今回の研修では、まず事前にアンケートをしていた、業務上における「努力が必要な点」と「認められている点」について、自分が思う評価と直属の上司が思う評価の相違点を確認しました。

結果としては、上司からの評価より自己評価の方が全体的に高い傾向にあることがわかり、自分たちの感覚との違いを認識しました。
この結果をもとに、グループごとに別れて自己評価と差があった項目について、また他の評価項目で大切だと思う項目について話し合い、今後どう改善していくかを考え、発表しました。

‘19年度 Uターン研修1 2 ‘19年度 Uターン研修1 3 ‘19年度 Uターン研修1 4

次に、「仕事にやる気が出る動機」が何かについて、与えられた6つの項目(人間関係・賃金・余暇・仕事内容・自己成長の機会・上司からの評価)を順位付けしました。
全体的な傾向として衛生要因(人間関係・賃金・余暇)が高く、動機付け要因(仕事内容・自己成長の機会・上司からの評価)が低い傾向にありましたが、モチベーションを上げるには動機付け要因が大切であるという話を聞き、自分の価値観を見つめ直すきっかけとなりました。

‘19年度 Uターン研修1 5 ‘19年度 Uターン研修1 6

最後にディスカッションの目的について再認識を行いました。
また、今回のディスカッションにおいて、自分の発言や行動がチームメンバーから見てどうだったかを評価してもらい、自分に足りない部分と良かった部分を知りました。

この研修を通し、自分が人からどう見られているのか、実際に周りにいる人からフィードバックをもらうことで、自分に不足している部分を知り、改善すべき点について理解することができました。
また、配属以来別々の部署で働く同期と話す機会があったことで、抱えていた悩みや不安は自分だけが感じていたことではないと分かり、安心しました。
今後の業務では、この研修で分かった改善点を常に意識し、会社の中で活躍していけるように努力していきたいと思います。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.