BLOG

モビテックブログ

2017/06/23 研修の足あと

’17 研修の足あと(4~5月の研修状況)

皆さんこんにちは。
人材開発Gの住です。

この時期恒例の話題といえば、新入社員の研修状況です。
今年の入社は総勢27名。当社では過去最大規模の人数となりました。本日は、この4月に入社した新人の様子をお伝えしたいと思います。

’17 研修の足あと(4~5月の研修状況) 1

毎年、4月は社会人として基礎的な研修項目が多いのですが、何せ今年は人数が多いため、実施や準備も含めて、非常に手がかかりました。また、彼らの人数に対して、相談や報告ができる指導側の人数が少ないため、どのタイミングでどう話していけばよいか戸惑いがあり、その点では例年よりも彼らは苦労しているかもしれません。
とはいえ、上司が忙しく、なかなか自分の思ったタイミングでつかまえられないという状態は、実際の職場でもよくあること。そんな中でも、いかに上司と話す時間やタイミングを持つか、その工夫が必要になります。

’17 研修の足あと(4~5月の研修状況) 2

4月中は、指導されても上手く立ち回れないことが多かったものの、GWが明けた頃から徐々に上手く動けるメンバーが増えてきました。
5月に入ると専門的な研修が始まるため、必然的にその必要性が強まるのと、配属先別に分かれてなおかつグループ単位で研修が実施されるため、指導側が受け持つメンバーの数が制限されることもあり、動きやすくなったのではないかと思います。ただ、やはりその分、各自の課題も明確に感じられるようになり、これまで以上に具体的な改善ポイントが浮き彫りとなります。

そのため、本人たちも自分の課題点をどうするか焦りが出て、自分の弱い点や不安な点を解消しようと、より自発的な行動が増えたり、残って課題に取り組む動きも見られるようになりました。このような些細な変化が少しずつ蓄積することで、いずれ大きな力になる時が必ず来ます。必要だと思ったことを積極的に行動に起こす。これは今後もぜひ続けてほしいところです。

’17 研修の足あと(4~5月の研修状況) 3

実は、今年は新人の数が多いということで、例年よりも多くの社員に協力を依頼しました。そのため、いつもよりは少し余裕が出るのではないかと予想していたのですが、ふたを開けてみれば全くそんなことはなく。。。
新人が多い分だけこちらの手間も格段に増え、結局例年よりも手がかかってしまう事態となりました。
やはり、仕事は準備と段取りが大切です。今回のボリューム感を踏まえて、もう少しスムーズに進行できるよう、来年度に向けた準備やリソースの配分に活かしていきたいと思います。また、内容的には昨年よりも充実した部分が増え、職場に即した新しいCAD教育やハンドプレス研修の改善、ワイヤーハーネス教育の充実など、各職場に配属されることを念頭にして、より具体的かつ実践的な内容になったと思います。こうして、毎年内容が改善されていくことで、その時々に必要なスキルと職場感覚が身に付くよう、実施側としても常にレベルアップを図りたいと思います。

いよいよ研修も残り1か月を切りました。基礎研修から専門研修に移り、社会人としての基本行動や、より実践的なスキルの習得を通して、自動車開発に携わる技術者としての自覚が持てると良いと思います。
残りの期間でその自覚を養えるよう、指導側としても十分にサポートしていきたいと思います。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.