BLOG

モビテックブログ

2017/02/08 研修の足あと

16年度 中堅社員教育

皆さん、こんにちは。
人材開発Gの住です。

去る1月21日(土)、本年度の中堅社員教育が開催されました。これは、新しく3等級に昇格した方に対して実施される教育であり、毎年この時期に行います。今日は、この研修の模様をお伝えしたいと思います。

 

blog_329

今までは、上司の指示の下で業務を進めることが多いのですが、3等級になると仕事を任され、自分で判断しながら動くことが多くなります。また、これまで以上に様々な変化が出る時期でもあります。業務範囲が広がり、より主体的な行動や思考の深さが求められたり、柔軟な対応が必要な場面も出てきます。今までとは違い、自分の業務を進めつつ後輩を指導することもあるでしょう。そんな変化に備えて、今一度業務を行う上での基本と、3等級の位置付けや役割を認識してもらうために、この研修は行われます。

blog_330blog_331

入社してからある程度年数が経ち、環境や業務に慣れて仕事ができるようになってくると、慣れや思い込みから、本来必要な行動ができていないことがあります。主体的に動く必要はあるのですが、自分の判断だけで進めて良い訳ではないのです。

例えば、
・上司や周囲と自分の認識を合わせておく。
・自分で考え、その内容を上司に確認して行動する。
・そもそも最終的なアウトプットはどのような状態にするのか、を把握しておく。

など、本来業務に慣れるに従い、確実に実施できるはずの部分が、目先の『業務を進めること』に集中してしまい、疎かになることがあります。そのため、現在の自分がどのような状態なのかを、ここで再度明確に捉えておいて欲しいのです。

研修の中身は、先に述べたポイントを復習(職場の中で指導されていることなので)していく内容になっています。主に実習形式やグループワーク形式で進め、講義ではなく自身で体感してもらうような構成です。単に見聞きするのではなく、実際の体験から自分の現状を把握してもらうことを狙います。受講後のアンケートを見ると、普段接することのない他の拠点や部署の方々と協力しながら課題を進める中で、各々感じることがあったようです。今回参加された方々が、研修を通じて新たな気付きや再認識を得て、自身の成長を真剣に考えるきっかけとなれば幸いです。

blog_332blog_333

また、今年は特に明るく元気な印象を受けました。実は、今回の対象者の半数以上が新卒で入社された方でした。各年代の同期同士が揃っていたため、このような印象になったのではと思います。新卒で入社した方が、順調に成長できているのは、会社としても喜ばしいことです。また、中途入社の方にも早い段階で昇格された方が何人か見受けられました。組織全体が順調に育つことが、会社の発展に大きく寄与するため、今まで以上に職場の育成活動は重要になります。今後も、若手を含めた会社全体の育成活動を支援していけるよう、人事部としての役割を務めていきたいと思います。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.