BLOG

モビテックブログ

2009/06/24 研修の足あと

’09研修の足あとVol.4


初めての制御実習
皆さんこんにちは。 人材開発部 住です。

今回の【研修の足あと】は、今年初めて実施した新しい実習についてお伝えしたいと思います。
初の試みは、一体どうなったでしょうか。



ロボットキット製作中
その実習とは、【ロボットキットを利用した制御系実習】です。市販のロボットキットを利用して、制御の基本を理解する内容となっています。
詳細はあまりお話することは出来ないですが、この研修はなかなか興味深いものになりました。

何が面白かったかというと、各自の行動特性や考え方の特性などが、見事に結果や取り組み方に表れるところです。
実習内容として、キットを製作する部分があったり、プログラムを組む部分があったのも面白かったのですが、制御のロジックを考えたり、課題に対する取り組み方に、各々の個性が見事に反映されるところがとても興味深かったです。


プログラムのロジックを考える
とりあえず、触ってみよう!的なチームがあったり、細かに状況をチェックしつつ進むチーム、シンプルと分かり易さを追求するチーム、ベースはどうであれ、他とは違う考え方で進めようとするチームがあったりと、まさに多種多様。

最終的には、様々な制約があって(のおかげで?)圧倒的な差は出来なかったものの、それぞれに個性的な制御方法が出来上がりました。

また、先ほどの各チームの取り組み方ですが、一見、バラバラで優劣がありそうですが、実はこれ、全て技術者には必要な要素なのでは?、と個人的には思います。

業務の中で起きる様々な事象に対して、基本、理論的な考え方や行動で取り組むのですが、場合によっては大胆な発想の転換を求められたり、考えることよりも動くことを求められたりと、状況によって対応の仕方を柔軟に変える必要が出てくることがあります。

そう考えると、今年のメンバーは、それぞれに、その素質を有していることになります。
…ま、そうは言っても基本の進め方はあるんですけどね。(笑)


各チーム、お互いの取り組みを検証中
基本と柔軟性を兼ね備えた技術者、それが理想です。

ほのかな確信と、大いなる期待を込めて、彼らの成長を支援したいと思います。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.