BLOG

モビテックブログ

2009/05/22 研修の足あと

’09研修の足あとVol.1


研修風景
皆さんこんにちは。人材開発部 住です。

今年も『研修の足あと』と題して、現在研修中の新人たちの様子をご紹介していきたいと思います。
初回となる今回は、4月中の様子を振り返りましょう。


2009年4月1日(水)待望の新人、10名が入社しました。4月の研修は、主に社会人として、技術者としての基本を学びます。
ここで基礎的な知識も重要なのですが、やはり一番理解して欲しいのは、『社会人としての意識や考え方』、そして『行動できる力』です。

ということで、まずはビジネスマナーから始めていくのですが、やはり意識を【学生】から【社会人】に切り替えるのは、なかなか難しいようです。
本人たちも努力しているようですが、環境が変わったり、講義内容が変わったりすると、やっぱり忘れてしまうことが多いですね。


トヨタ産業技術記念館の見学風景
座学だけでなく、自動車関連施設への見学や、実物の自動車を使った実習、PCで作成する課題など、4月だけでも様々なバリエーションがあります。その変化の中で、常に『社会人・技術者としての意識』を保てるかというと、どうしても講義内容だけに集中しがちです。

その度に指導して、意識を促します。同じことでも言います。本来は、一度言ったことを理解して実践できればいいのですが、人間、そう簡単にはいきません(笑)一度で伝わらなければ、二度、三度と話していきます。そうすることで、徐々に意識が根付いてきます。


自動車工学実習での風景
と、ここまで書いて、ふと、ある言葉を思い出しました。
今年の年頭挨拶で、当社の社長が語った『基本に立ち返って、愚直にやり続けることが大切だ』という言葉です。

本当に必要なこと、求められることを愚直にやり続ける。一度言って聞かなければ、二度三度言い続ける。そういった繰り返しと根気ある育成が、やっぱり必要なのだと。

もちろん、伝わり易く理解し易くする工夫は必要ですが、『続けて伝えていく』という姿勢が一番必要なのかな、と思いました。

私も、彼らと共に成長できるよう、『愚直にやり続けること』を意識したいと思います。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.