BLOG

モビテックブログ

2010/10/08 研修の足あと

’09 Uターン研修2受講報告

皆さんこんにちは。
CA技術部DEグループの三宅です。
先日行われたUターン研修について報告したいと思います。


Uターン研修


この研修は、技術者としての基本動作を確認しながら、技術者としての思想(意識)と行動を学ぶものです。
全2回に渡って行われますが、今回はその2回目です。

前回から約1年ほど経過しているので、その頃と比べると、技術者としての基本動作は十分身に付いているだろうと思っていました。
ところが、現実はそんなに甘くありませんでした。。。


研修風景

まず最初に、技術者としての基本動作を確認しました。
このときは「出来ている」と思っていたのですが、このあと研修を進めるうち、実は「出来ていない」ということが浮き彫りになります。

少し意識を向けたり、ちょっとした行動をおこせば出来ることが、気付かないうちに疎かになっていて、「出来ていない」事実を痛感することになったのです。

次に行った課題は、ある製品に込められた工夫を探すものでしたが、最初はなかなか見つけ出すことができません。
しかし、ふとしたきっかけで気付くことができ、「発見する喜び」を感じることができました。


グループワーク

何でもないような物でも、様々な用途に合わせて、多くの工夫が組み入れられているんだなと感じました。
また、同時に実際のモノをしっかり見ることの重要性も理解しました。
職場で物づくりに躓いたときには、現物を見ることで新たな発見ができるのではないかと感じました。

と、ここまでは一見順調だったのですが、次の課題では、実践的な内容ということもあり、大切な「基本動作」がまたしても疎かに。

現物の確認を怠ったり、報告をしないまま課題を進めてしまい、講師から何度も指摘を受ける始末。。。
頭では分かっていても、行動に反映できていないことを痛感しました。

しかし、前回の研修時と比べると、自分の発言が増えたことと、分からないなりに設計的な考えを持ちながら課題に取り組めたことで、自分の成長を感じることができました。


まだまだ疑問もあります。

成長を実感!

今回の研修を通して、自分の技術者として出来ている部分、出来ていない部分が明確になりました。
個人的には、報連相に不足を感じることが多かったので、特に意識して取り組んでいこうと思っています。

この研修で見えた「自分の出来ていない点」を少しずつクリアにしていき、より良い技術者を目指して今後もがんばります!

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.