BLOG

モビテックブログ

2018/05/30 サッカー同好会

西野監督ってどんな人?

皆さん、こんにちは。
第2設計Gの小倉です。

4月7日、日本サッカー界に衝撃が走りました。そう、ハリルホジッチ監督の解任です。

ロシアW杯まで残り2ヵ月というタイミングでの解任劇、『何故このタイミングで?』などの疑問は残りますが、決まってしまったことは受け止めるしかありません。
我々に出来ることはW杯優勝を信じて応援するだけです!

そこで今月は、ハリルホジッチに代わり日本代表を率いることになった西野監督について書きたいと思います。

西野朗氏は、大学在学中に日本代表に選出されるほどの選手であり、現役引退後に監督業をスタートしました。監督としての最初の成功は、『マイアミの奇跡』だと思います。この言葉は、サッカーに詳しくない方でも聞いたことがある人は、多いのではないでしょうか。

マイアミの奇跡とは、1996年のアトランタオリンピックでブラジル代表に1-0で勝利した劇的な試合です。多くのタレントを揃え、優勝候補筆頭であったブラジル代表に勝利したことは、多くの日本人に夢を与えました。

その後、柏レイソルの監督を経て2002年にガンバ大阪の監督に就任すると、2005年にクラブ初のJ1リーグ優勝をもたらし、退任する2011年までに計6個のタイトルを獲得しました。
彼が持つJリーグ歴代監督通算勝利数270勝は、未だに破られておりません。

そんな西野監督のサッカーを一言で表すならば『超攻撃的』です。
1-0で勝つより5-4で勝つような、超攻撃的サッカーを展開した西野監督時代のガンバ大阪は、7-1で勝つような試合もあれば、4-4で引き分けるような試合もありました。

ガンバ大阪を率いた10シーズン中、4シーズンでJ1クラブ最多得点を記録したことも超攻撃的を証明するステータスではないでしょうか。

現在、5月30日のガーナ戦に挑む日本代表選手27人が選出されています。最終的なW杯登録メンバーとなる23人が誰になるのかは分かりませんが、短い準備期間で挑戦する西野JAPANの活躍に期待しつつ、4年に1度の祭典であるW杯を楽しみましょう!!

西野監督ってどんな人?1

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.