BLOG

モビテックブログ

2020/11/27 自転車同好会

自転車同好会 11月度ツーリング

皆さん、こんにちは。
技術企画Gの河合です。

11月14日(土)に11月度のツーリングを行いました。
今回のコースは、豊田市の柳川瀬公園から瀬戸市にある道の駅瀬戸しなのを目指します。

毎年、11月度ツーリングは紅葉シーズンということで、香嵐渓に行っていたのですが、今年はサイクルミートアップ瀬戸という自転車イベントが開催されていた為、瀬戸まで足を伸ばすことにしました。
コロナ禍によって多数のイベントが中止となり、出展する事が出来ずにいたメーカー各社が感染予防を徹底し、ようやく開催に至った念願のイベントであります。

2021年モデルの新型車両の展示や試乗が出来るという事、ポカポカ陽気であった事もあり、自転車乗りがそこそこ集まっていました。
また、隣の駐車場では、キャンピングカーのイベントも開催されていた為、道の駅は大賑わいでした。

自転車同好会 11月度ツーリング1

オンライン販売しかしていないメーカーの新型車両が、非常に気になっていた私は、その展示車両を目の前にし、食い入るように見回したあと、スタッフに話を聞きました。
スタッフ曰く、オンラインでの販売開始から30分もしないうちに、主要サイズは売り切れてしまい、再販売は来年1月以降になるとか…。
納期はそこから3ヶ月くらい後でしょうか。
ドイツの自転車メーカーなのですが、日本で手に入れる事が出来た人は、果たして何人いるのだろうか?…ともスタッフの方が仰っていました。

自転車同好会 11月度ツーリング2

プロのレースで活躍しているハイエンドマシンであり、かなり高額でもあることから、すぐに買おう!
とはなりませんが、私の中でいつかは乗りたい(買いたい)マシン候補No1の座につく事が確定です。
金銭面を気にしなければ、他にも欲しいバイクの候補はいくつかありますが…(笑)。

自転車同好会 11月度ツーリング3

展示会の話はこれくらいにして、豊田から瀬戸しなのまでの距離は片道35km程度なのですが、イメージしていた通り、アップダウンの連続です。
この季節は北風も吹くため、往路は向かい風x登り坂という最悪(最高?)の組み合わせで、そんな状況の中をゴリゴリと進んで行ったため、かなりハードなツーリングでした。
長久手や瀬戸は坂が多いイメージがあるのですが、やっぱりなぁ…と思った次第です。

会場の近くに、瀬戸から岐阜県土岐市に抜ける雨沢峠(国道363号線)があり、この峠は愛知県内でも有数のヒルクライムコースです。
時間があればそこにも行こうかと計画していましたが、この時期は陽が沈むのも早い(ホントは疲れてて行きたくなかった?!)ので、雨沢峠に行くのは諦めました。

また、瀬戸にも人気の紅葉スポットがあり、寄り道したい思いも有りましたが、陽のある暖かいうちに帰りたい気持ちが勝り、どこにも寄らず、復路は豊明経由で刈谷まで戻りました。

帰路の途中で、新しく出来たららぽーと東郷店を発見し、割と近場でアクセスしやすい所に出来たのだと知り、近々ブラっと行ってみよう思います。

帰路は、往路とは逆に下り基調+追い風&天候も温暖な状況であったため、疲労はあったもののハイスピードで気持良く走り、無事に陽のあるうちに家に着くことが出来ました。

来月は、恒例のツーリングに加え、今年度最初で最後のレースとなる鈴鹿エンデューロに参加します。
しっかりと準備して、昨年よりも良い成績を残せる様頑張ってきます!

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.