BLOG

モビテックブログ

2019/12/20 自転車同好会

自転車同好会 11月度 第20回鈴鹿8時間エンデューロ & 香嵐渓ツーリング

皆さん、こんにちは。
技術企画Gの河合です。

今回は、11月9日(土)に出場した第20回鈴鹿8時間エンデューロと11月16日(土)に開催した11月度ツーリングの模様を紹介します。

まずは、第20回鈴鹿8時間エンデューロです。
今回で3度目の参戦となりますが、過去2回は、5人チームでの参戦で、初参戦:136位、2年目:116位という結果でした。
前年度に待ち時間が長いと感じた為、今回も参加人数は5名なのですが、2人チームと3人チームの2チームに分けてエントリーしました。

目標は、昨年を上回る46周回以上&100位以内。

まず、今年の天候は、「快晴&風も強くならない」という予報で、絶好のコンディションです。
朝方は少し肌寒かったですが、レースが始まってからは、半袖で十分といった温暖な日でした。

自転車同好会 11月度 第20回鈴鹿8時間エンデューロ & 香嵐渓ツーリング1

AM8:00、今年度最後のレースがスタートしました。
2人チームの方は、6周(約60分)で交代、3人チームは、4周(約40分)で交代の予定です。
予定通りに第2走者へと交代した時の順位は、それぞれ、47位・85位と両チーム共に100番手以内をキープしています。
しかしながら、レース序盤は混戦の為、第2走者がラップタイムを落とすと、順位は大きく下がります。

第2走者が走り終えた時点で、55位・145位となり、その後は、疲れからタイムも落ちていき、順位はどんどん下がります…。
半分の4時間を経過した時点では、74位・168位となっており、残り4時間をこのまま乗り切りたい所でしたが、最終的には、106位・195位とあと少しのところで、100位以内の目標は達成できずに終わりました。
また、周回数は、2人チームが47周、3人チームは44周となりました。

自転車同好会 11月度 第20回鈴鹿8時間エンデューロ & 香嵐渓ツーリング2

レースを終えて(途中から感じていましたが)、チームを分けたことは、無謀だったと感じました。
5人チームの時は、多くても一人当たり10周(約60km)程度だったのに対し、2人チームでは、一人当たり20周(120km)以上走る事となり、レースのペースでこの距離を走るのは、想像以上にキツかったです。

また、レース前の練習量など、体調管理や体重管理の重要さも身に染みて感じました。
当たり前のことですが、練習や食生活など、努力を怠れば望むような結果は出ないという事を痛感しました。
とはいうものの、レースでもツーリングでも、“楽しむ”事が趣旨なので、今回の鈴鹿もキツかったのは確かですが、楽しめたのも確かだと思います。

この経験を次に活かし、来年度のレースも楽しみながら、良い結果が出るように努力していきたいと思います。

レース後は、昨年見つけた四日市のトンテキ屋「来々憲」に立ち寄り、スタミナを補給しました。
恐らく、来年以降も8耐後のトンテキは、定番のコースとなりそうです。

自転車同好会 11月度 第20回鈴鹿8時間エンデューロ & 香嵐渓ツーリング3

次に、11月16日(土)「香嵐渓ツーリング」の模様を紹介します。
11月度ツーリングも、先月と同様に、毎年の恒例行事となった「紅葉狩りツーリング」です。

モビテックオリジナルのサイクルジャージも、デビューから丸2年が経過し、毎月のツーリングとレースでの使用で随分傷んできました…
チームジャージの新調に向けて、Newデザインの検討を始めようかと考えたりもする、今日この頃です。

自転車同好会 11月度 第20回鈴鹿8時間エンデューロ & 香嵐渓ツーリング4

さて、ツーリングコースはというと、3年連続となる豊田市の柳川瀬公園から足助の香嵐渓までの片道30km弱くらいの、ほぼ平坦路です。
天気も良く、香嵐渓の紅葉も丁度見頃であったため、多くのサイクリストが我々と同様に香嵐渓を目指していました。

今回の参加メンバーは、3人と少人数でしたが、3人ともレース参戦メンバーだったため、かなりのハイペースを維持したまま、休憩をとることもなく目的地まで走り切りました。
香嵐渓に到着した後は、休憩がてら川岸まで降りて、家族連れの子供達に混じって紅葉を眺め、広場で繰り広げられる猿回しの芸を眺め、ZiZi工房のフランクフルトをかじり、穏やかな時間を過ごしました。

自転車同好会 11月度 第20回鈴鹿8時間エンデューロ & 香嵐渓ツーリング5

帰りは、「ペースを落としてのんびりと走る」と、着いた時には話していたものの、走り始めると行きと変わらぬペースで疾走していました。
帰路の途中、昨年発掘した、食事処「平」でランチを頂き、岡崎市内で解散となり、各々自宅へとペダルを漕いで帰りました。

私はというと、一人になってからは、向かい風の影響と疲労から、ペースを大幅に落とすことになりました。

余談ですが、ツーリングの翌日、車で岐阜県土岐市にある「曽木公園」にも、紅葉狩りに出掛けました。
ライトアップされた色あざやかな紅葉が、公園内の池の水面に映る「逆さ紅葉」は、とても綺麗でした。

来年の紅葉狩りツーリングは、岐阜まで行くのは厳しそうなので、瀬戸あたりまで脚を伸ばしてみようかと、密かに企んでいます。

来月は、冬本番を迎えるであろう12月度ツーリングの模様をレポート予定です。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.