BLOG

モビテックブログ

2020/01/20 自転車同好会

自転車同好会 12月度 幸田・蒲郡ツーリング

皆さん、こんにちは。
技術企画Gの河合です。

今回は、12月7日(土)「幸田・蒲郡ツーリング」の模様を紹介します。

12月度は、寒波が押し寄せる寒空の下、3人でのツーリングとなりました。
終日、曇りという天気予報は、外れることなく太陽の陽の温もりを感じることは出来ませんでした。
先月のツーリングは日差しもあり、割と暖かかったため、冬本番での走行は今シーズン初です。

自宅を出発する際に、装備をどうしようかと悩みましたが、結果として、寒さを甘く見てしまいました…。
足先や顔、耳の防寒対策を怠ったため、若干、寒さによって痛みを感じるレベルでした。

この日は、岡崎市内の小川橋近くのコンビニに集合し、岡崎、幸田、西尾、蒲郡と軽い山間を抜けていくルートを設定しました。

まず、美合付近からR.480にて、軽いアップダウンをこなしつつ、葵カントリークラブを抜けて幸田に入ります。
そして、幸田から西尾へは、幸田サーキットの前を通過する山道を超えて行きます。

自転車同好会 11月度 幸田・蒲郡ツーリング1

途中、幸田サーキット入口の駐車場へと下る坂道も試しに登ってみましたが、斜度が半端なく、登り切るだけでも大変でした。
以前に、知多半島を走った際にチャレンジした、河和にある“カッパの花ちゃん坂”に匹敵するレベルでした。

その後、西尾から蒲郡へは、三ヶ根山を越えて行くプランも考えていましたが、予定していた昼食の店、“和食処 山女魚(やまめ)”が人気店で昼時は混雑するとの情報があったため、早めにお店に行くことを言い訳に三ヶ根山を迂回して、R.247にて、一直線にランチに向かいました。
さすが人気店だけあって、混雑はしていたものの、値段・ボリューム・味のいずれも満足でき、近くに来た時には、また訪れようと思えるお店でした。

自転車同好会 11月度 幸田・蒲郡ツーリング2 自転車同好会 11月度 幸田・蒲郡ツーリング3

ランチの後は、機材のトラブルもあったため、各自の自宅までの最短ルートを選択し、若干の向かい風の中、ゆっくりと帰りました。
来シーズンのレースに向けて、冬の間のトレーニングが結果を左右すると思いつつも、あまりの寒さに早くも心が折れそうになった一日となりました。

来月は、1月度ツーリングの模様をレポート予定です。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.