BLOG

モビテックブログ

2019/11/22 自転車同好会

自転車同好会 10月度 三河湖ツーリング

皆さん、こんにちは。
技術企画Gの河合です。

今回は、10月5日(土)「三河湖ツーリング」の模様を紹介します。

10月度ツーリングは、毎年恒例の行き先となった豊田市の山中にある三河湖に行ってきました。
岡崎市内に集合したため、峠道を登らないと目的地には辿り着けません。

前回までは、くらがり渓谷を登り、道の駅で休憩しながら向かっていましたが、今回はくらがり渓谷の手前で左折し、「千万町町(ゼマンジョチョウ)」を通り抜けるルートを選択しました。
この千万町坂は、くらがり渓谷よりも斜度がきつく、県内屈指の激坂で有名なルートです。

自転車同好会 10月度 三河湖ツーリング1

気合を入れて、勢いよく登り始めたものの、県内屈指の激坂は甘くなく、半分も登らないうちに勢いがなくなり、前に進むだけで精一杯の状態に…。
何とか、立ち止まらずに登りきり、下りに入ったかと思うと、再び登りとなってキツイ勾配を登らされるというコースレイアウト。
身体的なダメージはもちろんのこと、精神的なダメージも大きく、登り坂が終わるのを、ただただ待ち望むといった“楽しむ”というよりは、“修行”といった感じでした。

とはいうものの、走り終わると「次はもっと楽に制覇してやるぞ」と、もう一度走りに行きたいと、不思議にも思ってしまいます。

この日のランチは、三河湖の畔にある「腰掛山荘」にて、川魚料理やジビエ料理を堪能し、ヒルクライムで空っぽになったエネルギーを補いました。

自転車同好会 10月度 三河湖ツーリング2

昼食後の帰路は、基本的には登った分を下るだけなので、安全運転に留意しつつ、下りのワインディングを気持ちよく疾走しました。
いつも感じることですが、登りの間は時間の流れがとても遅く、いつまで続くのかと思いますが、下りは本当に一瞬で過ぎ去ってしまいます。

来月は、3回目の参戦となる鈴鹿8Hエンデューロと11月度ツーリングの模様をレポート予定です。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.