BLOG

モビテックブログ

2019/05/20 自転車同好会

自転車同好会 富士スプリングエンデューロ参戦!

皆さん、こんにちは。 
技術企画Gの河合です。

今回は、GW初日の4月27日(土)に出場した富士スプリングエンデューロの模様を紹介します。

今年度から夏の新城、秋の鈴鹿に加えて春の富士のレースを追加し、年間3レースに挑む事にしました。その今年度最初のレースであり、初参戦となる富士スプリングエンデューロは、秋の鈴鹿と同じ競技方式で6時間のチーム戦です。

2020年の東京オリンピックの自転車ロードレースのゴール地点でもある富士スピードウェイの車やオートバイと同じコースを周回し、6時間経過時点でのLAP数とタイムを競う大会です。

今回は直前での体調不良者もあり、4人での参戦となりました。
朝早く(4:00)にテクニカルセンターを出発し、新東名高速にてバイクを積込んだ車で会場へ向かいます。
天気予報通り、会場に近付くにつれて、どんどん天候が悪化して行きます…。

朝8:00からのコース試走の時は雨は降っていませんでしたが、9:30のレース開始と共に降り出した雨は、開始直後に本降りへと変わりました。
当日の気温は10℃を下回っており、非常に冷たい雨と寒さが選手に襲い掛かります。

自転車同好会 富士スプリングエンデューロ参戦!1

晴天なら富士山を見ながら最高のロケーションでのレースの筈でしたが、雨と霧で「富士山は何処?」という状況です(泣)。
ひとり30分(3~4LAP)で交代しながら、何とか走り続けましたが、レース開始2時間が経過しようとした時、「天候不良により、『低体温症』に掛かる人が続出している為、全ての競技を2時間で終了とします。」との大会本部からのアナウンス!
2度目の出走を控えていた私は思わずホッとしました。

あまりの寒さにリタイヤする人やチームが続出した中、我々の結果としては、52チーム中18位。
次戦の7月14日ツールド新城は天気が良い事を祈りつつ、昨年よりも良い結果が出せる様、鍛え直したいと思います!

自転車同好会 富士スプリングエンデューロ参戦!2

来月は、5月度ツーリングの模様をレポートします。

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.