BLOG

モビテックブログ

2017/05/31 サッカー同好会

サッカーとフットサル

皆さん、こんにちは!
第3設計Gの中島です。

皆さんはサッカーとフットサルどちらが好きですか?
ちなみに私は両方好きです。
人それぞれ好き嫌いがあると思いますが、そもそもサッカーとフットサルってなにが違うのかと疑問を持たれている方が少なからずいると思います。今回はその違いについて書きたいと思います。

サッカー同好会201705

分かりやすい大きな違いを4つ、紹介します。

1つ目がプレーするコートの広さです。
サッカーが横45~90m 縦90~120mになります。大体、陸上競技場の400mトラックの中に納まります。広いです。疲れます。(笑)対して、フットサルのコートは横18m~22m 縦38m~42mになります。サッカーコートの10分の1程度となります。

2つ目がプレーヤーの人数。
サッカーはキーパー含む11人対11人になりますが、フットサルは5人対5人になります。人数が少ないので、仲間内でゲームがしやすいです。

3つ目がボールの大きさ。
サッカーは5号球(直径22cm)を使用しますが、フットサルは小学生サッカーと同じ4号球(直径20cm)同等の大きさを使用します。しかし、ボールの重さは大体変わりないとされています。フットサルボールの中には中心におもりが詰められていて、弾まないようになっています。なので、ボールがコントロールしやすいとされています。

4つ目がプレー時間です。
サッカーは45分ハーフになります。前後半合わせて90分となります。フットサルは20分ハーフとなります。(社会人サッカーは大体30分ハーフ、フットサルは10分ハーフで行います。※大会や場所によって異なります。)

以上、4つ違いを比べると普段運動をやらない方でもフットサルならやれそうかなと思いませんでしたか?近年、フットサル場では1人で行って、集まった人でフットサルを行う「個サル」を取り入れてる所が多く見られます。

ボールを蹴ることがとても身近にしやすい時代になってます。
是非、フットサルをやったことのない方は一度やってみてください!

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.