BLOG

モビテックブログ

2012/09/10

オリンピックその2と人数が少なくてもできる練習

こんにちは、設計受託Gの野本です。
 一応、バスケ同好会の代表です・・・

前回のブログでオリンピックについて
書かせてもらいましたが、またオリンピックについてです。

実はアメリカチームには
1人だけプロではない選手がいました。
センタープレイヤー、アンソニー・デイビスです。
彼だけ大学生で来シーズンから
NBAでプレーします。
まあ、彼はドラフト1位なんですけどね。
オリンピックでも堂々とプレーしていたので
これから注目の選手です。

あと、見たかった選手はブレイク・グリフィン!
残念ながら彼は怪我の為、参加できなかったのですが、
すごいパワープレイヤーなので、見てみたかったなぁ。
同じチームのクリス・ポールとの連携も楽しみだったのになぁ。

まあ、オリンピックの話はここまでにして、
最近、参加人数が少ないので、
少ない人数でも練習ができる方法を探してみました。

主に5人以下での練習方法
①1対2(オフェンス1のディフェンス2)
 ディフェンスに囲まれた状態からの脱出
②リバウンド
 シューターがフリースローレーンから放って落ちたボールを
 残り2人がリバウンドをする。
③2メン
 オールコートを使ってのランニングシュート練習
④3メン
 オールコートを使ってのランニングシュート練習
 ※パラレルとクリスクロスがあるが、クリスクロスは初めてやると
  絶対に混乱する(笑)どこ走っていいかわからなくなる。
⑤1on1
 1対1だが、制限をつけるなど。

だいたい、①以外は学生のときにやったことがあるので
勝手がわかる。ただし、③~⑤はめちゃくちゃ疲れます。
特に3人しかいない状態での3メンは休み無しなので
本数とか決めないとダメかなぁ。
絶対足が動かなくなる・・・

久しぶりにやってみたくなったなぁ。
(きっと3往復もたない気がする。)

でも、参加人数増えてほしい・・・

 
9月の日程ですが、

9月15日(土)   10:00~12:00 安城市体育館Cコート

です。

バスケ同好会(1)

参加切実に待ってます。きてくれー!
※水分補給をしっかり行って、無理せず楽しみましょう(^_^)ノ

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.