BLOG

モビテックブログ

2016/09/07 愛知を知る

その10 ~愛知県の医療事情を知る~

皆さん、こんにちは!
リクルートグループの中道です。

大好評(?)「愛知を知る」シリーズも今回で10回目を迎えました!!
今回のテーマは『愛知県の医療事情』。
お盆休みが明け、まだまだ残暑が厳しい日が続いています。そろそろ夏の疲れが出始めて体調を崩しがちになる頃ではないでしょうか?今回は、そんないざという時のための、愛知県の医療事情についてお届けしたいと思います。

まずは、愛知県内の病院の数はどのくらいあるのでしょう?
下の表は、都道府県別の病院総数と、人口10万人当たりの病院数のランキングをそれぞれ抜粋したものです。病院の総数をみると、全国第8位と他の大都市と肩を並べていますが、実は、人口を加味して相対的にみると、少ないという結果になってします。順位もなんと45位・・・。

病院数1 病院数2

しかし、安心してください!!
愛知県には、医療の拠点都市が分散している、という特徴があります。下の図は、高度な医療を提供している県内総合病院の地域別所在地を示したものです。

愛知県 病院

名古屋市のみならず、豊明市、岡崎市、豊橋市、豊田市、小牧市、一宮市そして当社が拠点を置く、刈谷市にも高機能病院が分散し、愛知県の医療を支えています。つまり、病院の数は少ないけれども、効率的に高度な医療が全県に提供されている、というわけです。たとえ、大きな病院にかかったとしても、診療までの待ち時間が少なくて済むかもしれませんよ!

また、愛知県では医療情報の検索が簡単にできる『あいち医療情報ネット』を運用しています。これにより、県内の総合病院をはじめ、一般診療所、歯科診療所なども含めた県内約10,000もの機関のさまざまな医療情報が検索でき、とても便利です!
たとえば、最寄り駅や会社に近い病院、薬局を探す場合、予防接種の実施の有無などを調べる場合に強い味方になってくれそうですね!

あいち医療情報ネット
『HPあいち医療情報ネット 』より(URL http://iryojoho.pref.aichi.jp)

「社会人は体調管理も仕事のうち!」などと言ったりしますが、これから秋に向けて、季節の変わり目になると体調を崩しやすくなります。万が一の時に備えてスムーズに受診できるように、内科・外科・皮膚科・歯科など、この症状が出たらここに行くというようにある程度調べておけば、新しい土地での生活の不安も軽減されるかもしれませんね。

今回は「愛知県の医療事情」についてお届けしました。
次回もおたのしみに!!

モビテックへのお問い合わせはこちらから

製品設計・3Dスキャナ・試作品製作・治具製作など各種CADに関する依頼はこちらから

CONTACT

contact

Copyright © 設計・評価・解析に至るまで総合的に手掛ける自動車開発専門のエンジニアリング企業 株式会社モビテック All Rights Reserved.